top of page

兆候と予言I

「そして今、私はそれが実現する前にあなたに話しました、

それが実現したとき、あなたは信じるかもしれません。」

ヨハネ14:29

Bible ref .tiff

   これは、クリストフ・レーミルトとクリス・ハリソンによってまとめられた聖書の相互参照を視覚化したものです。下部に沿って走る棒グラフは、聖書のすべての章を表しています。各小節の長さは、章の詩の数を示しています。聖書にある六万三千七百七十九の相互参照のそれぞれは、単一の弧で描かれています。色は2つの章の間の距離に対応しており、虹のような効果を生み出しています。

    聖書は、三つの異なる大陸で約二千年以上にわたって約四十人の作家によって書かれました。聖書は多くの文明の複雑な歴史を膨大な期間にわたってカバーしていますが、それでも一つの統一されたメッセージがあります。しかし、それらを満たすために。

Top of Prophecy

      予言は正当な理由でタブートピックです。社会によれば、予言が実現しなければ、 最悪の場合嘘つきです。せいぜい、あなたはその時少しだけ離れていました、あなたは次のものを正しくするでしょう...

     聖書的には、偽預言に対する罰ははるかに悪いです。いずれにせよ、これは軽視されるべきものではありません。私は確かに預言者ではありません。しかし、それらの多くの言葉は聖書に記録されており、証明された神の預言者の言葉を読んで研究することに危険はありません。私たちがそれをどのように扱うかには危険があります。 私たちの行動は私たちの生活や周りの人々にどのように影響しますか?予言を読んで、それらを研究し、それらを分析し、そして仲間の学生の間で推測さえすることは大丈夫です。銀行口座を空にしたり、世界が終わろうとしているメガホンを持って通りの人々に叫んだりするのは良くありません。私たちはヘビのように賢く、鳩のように無害であり、主が今日帰ることができるかのように私たちの生活を続けます。  

 

    人類は誤算をすることに一貫しているので、あなたがあなたの計算にどれほど確信を持っていても、あなたはおそらく預言者ではないので、そのように話さないでください。たとえば、「これは確かに...」とは言わないでください。解釈が間違っていると、自信を持って断言したことが起こらないときに、他の人が信念から離れてしまうからです。満たされていない予言が起こるかもしれないと思うときは、不信者と分かち合うのではなく、最終的にはまだ成就されていない予言を彼らと分かち合うのが賢明です。それが起こったとき、彼らは驚かれることでしょう。

    何かが起こるかもしれないときは必ず研究して推測してください、しかしこれを注意する理由を知っている信者の間でのみこれをしてください。もちろん、監視員になり、時代の人々に警告しますが、それについては賢明であり、それが容易ではないことを知ってください。証人になり、愛と関心のある場所から福音を分かち合い、尊敬に値する、誰にも頼らず、自分の手で仕事をして生きる生活を送ってください。

    これらのことが起こり始めたときにイエスが私たちに何をするように言われたかを覚えておいてください...見上げて、落ち込んで、顔を飲まないでください。気づかないうちに捕まることはありません。

ルカ二十一:28と34

28そして、これらのことが起こり始めたら、見上げて頭を上げなさい。あなたの償還が近づくからです。 34そして、いつでもあなたの心が酩酊、酩酊、そしてこの世の世話で圧迫されないように、あなた自身に注意を払いなさい。そうすれば、その日はあなたがたに気づかずに来る。

   

 

     聖書には二千五百 以上の予言がなされていると言われています。

以下のリンクは、個々の予言を研究するために多大な努力を払ってまとめられた素晴らしいウェブサイトです。最初のものは、発見され検証された三百五十一の満たされた旧約聖書の予言をリストしています。そのサイトには、他にも多くのすばらしいセクションがあり、探索する価値があります。

http://www.newtestamentchristians.com/bible-study-resources/351-old-testament-prophecies-fulfilled-in-jesus-christ/

百の予言の起源と実行の拡張された物語。

http://www.100prophecies.org

次の記事では、ハルマゲドンの戦いでイエスが最後に戻る前に起こらなければならない7つの予言について話します。

https://www.ucg.org/the-good-news/seven-prophecies-that-must-be-fulfilled-before-jesus-christs-return

Prophecy

預言

聖書を理解するための鍵

bible key.jpg

正しく分割します。

    何よりもまず、私たちの邸宅で平和であり、愛情のある性質を持つことは、知識の前に取得するための絶対に重要な特性です。コリント人への第一の手紙第8章1節で神が言われているように、 「知識は膨らみますが、愛は築き上げられます」。私たちの性格とキリストとの関係は、単なる知識だけよりもはるかに重要です。聖書を真っ直ぐに持っている私たちでさえ、間違いを犯す堕落した人々であり、2節で次のように述べられています。 」 預言者でさえ、1ペテロ1:10-12で述べられているように、彼らが神によって預言したことのすべてを完全に理解していませんでした。 「彼らには、彼ら自身ではなく、私たちに、天から送られた聖霊によってあなたに福音を宣べ伝えた人々を通してあなたに報告されたもの、つまり天使たちが見たいと望んでいるものを奉仕していることが明らかになりました。の中へ。"

    言葉、特に予言を研究することになると、意味を解釈するために使用されている方法が健全であることを確認するのが最善です。私は人生の大部分をマスターメカニックとして過ごしました。十分な数の人々を訓練して教え、メカニック(車を修理しないと給料がもらえない)でさえ、診断を確定する前にロックされやすいことを学びました。 。あなたが(ビリヤードで言うように)ただ「突いて希望する」だけの余裕がないそのタイプの仕事をするとき、ボールがたまたまポケットに入ることを望んでいます。このタイプの仕事は、あなたが望む現実に合うように物事をうまく表現することができない仕事です。それはあなたが自分自身に残酷に正直になるように訓練するので、あなたはあなたが望むようにではなく、問題をそのまま見ることができます。これが、私たちが前に進まないように訓練するものです。情報が何を伝えているかを知るために、目の前のシステムを理解する必要があることは言うまでもなく、堅実で使用可能なデータを確認する方法を教えてくれます。


    私たちが持っているリソースでそれを研究することができるという現存する何かを研究した後、私たちが実際に聖書の主題について独断的であることができないならば、私たちはそうすべきではありません。推測し、話し合い、合理的な観察を行うことはできますが、実際に確実にわからない場合は、結論を出さないことが最善です。すべての変数が解決されて説明される前に、決定を確定するのは愚かです。

    たとえば、エンジンが過熱する原因となる可能性のあるさまざまな理由が約10ありますが、技術者がそれを引き起こす可能性のあるすべての理由を実行する前に、おそらくそのうちの約3つを実行して証拠を探します。彼らが異常なセンサー読み取り値を見つけたとしましょう、しかしその異常な読み取り値の正当性を確認する代わりに、彼らは新しいセンサーを売りに行きます。その読みは異常に高いですが、それは正しいかもしれません、そして彼らがまだチェックしていない他の7つの可能性がまだあります。センサーが入り、車が戻ってきますが、まだ過熱しています。 それで、彼らは時間に追われて、彼らの早すぎる問題に対処し、次に最も可能性の高い部分を投げ込み、そして何を推測するでしょう、それもそうではありませんでした。技術者は希望を失い、車のせいになり始めます。彼もシステムをよく知らないため、あらゆる種類の素晴らしい可能性を想像し始めます。

 

知らないほど、想像できるようになります。

 

    しかし、それはそれが正しい、あるいは可能でさえあるという意味ではありません。整備士の間では、「十分に近いとは、蹄鉄と手榴弾でしか数えられない」という一般的なフレーズがあります。言い換えれば、精密部品を扱うときは、正確である必要があります。同じ点で、神は正確です。彼はそれを正しく理解しておらず、彼の予言は強制的に適合させることはできず、またそうすべきではありません。聖書の予言は、多くの要因を持つシステムの問題を解決することと同じです。私たちが与えられた予言に出くわすときはいつでも、それを読むとき、途中でチェックポイントがあります。そこでは、その文脈におけるその正確な意味を確認する必要があります。診断トラブルツリーと同様に、すべてのチェックポイントに徹底的に対処し、他のすべての聖句と一致することを確認して、その部分が完全に明確で解決されていることを確認する必要があります。もちろん、問題のツリーを下って評価を続行し、可能であれば健全な結論に到達する前に、目の前のオペレーティングシステムを完全に理解していることも確認する必要があります。さらに、これらの次のステートメントは、私たち全員、私たちの生活の毎日に当てはまります。

私たちが長い間何かをしているからといって、必ずしもそれが正しく行われている、またはそれを上手く行うことができないという意味ではありません。実際、長時間の努力は通常、自己満足と柔軟な注意の欠如を生み出します。

 

大勢の人がやっているからといって、必ずしも正しいとは限りません。

 

何かを勉強したからといって、テストでA +を取得するという意味ではありません。

    もちろん、この時代では、誰もが自分の見解を支持する「専門家」のリストを探すことができます。ただし、教師をテストする方法があります。聖書についての教師の一般的な理解を知るには、自分でその言葉を熱心に研究して、何が健全であるかを知ることができます。多くの場合、不足している教師は、貧弱な性格特性の成果によって理解を示し、彼らの教えには他の多くの誤った形式の教義が含まれています。主要な教義のポイントは、他のすべての教義と重複しています。神が彼の言葉を織りのようにデザインしたことを神に讃えましょう。そうすれば、教義上のポイントはすべて一緒に織り込まれているので、実際にクロスチェックすることができます。

    これが実際に行われている良い例は、私たちの救いを知るための鍵は失われないこと、そしてそれは水や悔い改めではなく、キリストのみへの信仰によるものであり、携挙を理解するためのまったく同じ鍵であるということです。教会の最後の週の前に、7年で構成されています。 (私たちは絶対に悔い改めるべきであり、聖体拝領と同じように、水のバプテスマは非常に良い儀式です。)これらの教義はすべて、古い契約から新しい契約まで互いに織り交ぜられています。携挙が数年の最後の週の前に起こっているのを見ない人々は、ほとんどの場合、救われるには水と悔い改めが必要であり、救いも失われる可能性があると考えています。それは携挙のセクションと救いのページで詳しく説明されており、彼らがどこで間違っているのかを詳細に分析しています。

    私たち一人一人が謙虚になり、神が私たちに知恵を与えてくださるように祈ることはとても重要です。ジェームズ1:5が述べているように、彼は非難せずに尋ねる人にそれを与えるでしょう。そうしないと、正しく分裂せず、理解するために勉強しなければ、新しいことを学ぶのに本当に苦労します。私たちの仕事と同じように、私たちが本を研究し、文学や資料に精通していれば、私たちは仕事をもっとうまくやることができることを誰もが知っています。

    私たちの脳はスポンジによく似ています。それらは、私たちがそれらを浸したものでいっぱいになります。私たちがそれらを浸したままにしないと、それらは乾きます。圧力がかかりすぎると、吸収がうまくいきません。これらすべての理由から、聖書全体をできるだけ頻繁に調べて読む必要があります。そうすることで、聖書についての知識を正確に習得することができます。私たちはさまざまな懸念や教義を念頭に置いてそうするべきであり、聖書が別の聖句と矛盾しているように見えるかどうかを喜んで見なければなりません。

聖書は確かに神の誤った言葉であり、何かがあなたにとって矛盾しているように思われる場合、それはあなたにとっての危険信号です。

    それはあなたが見逃している何かがあり、何が起こっているのかを完全に理解していないことをあなたに伝えています。それが起こったとき、それはあなたがまだ知らないことを学ぼうとしていることを意味します。もちろん、あなたはそれでも続けて、それがあなたにとって矛盾しているように見える理由を見つける必要があります。

 

    正しく分割することは、このプロセスで適用しなければならない大きな鍵です。それは聖書を読むことにも当てはまるだけでなく、神が私たちに人生のあらゆる面でしてほしいと願っておられることです。聖書には、左に遠すぎ、右に遠すぎる人々のための聖句があります。神は聖文を用いて私たちを導き、それに応じて各シナリオを比較検討し、すべての固有の状況に対して適切なスタンスを維持します。正しく分割すると、「誰が話しているのか」と自問します。そして「彼らは誰と話しているのですか?」特に特定の期間、個人、またはグループにのみ適用されますか?これらの関連する質問をすることを知った後、タイプ、寓話、比喩、擬人化、スマイリー、またはビッグワードである低カタスタシスを識別する方法を知る必要があります。

比喩

類型学: 旧約聖書の出来事、人、または声明は、新約聖書に記述されているキリストまたは彼の啓示の反型、出来事、または側面によって事前に設定された、または置き換えられたタイプと見なされます。

寓話:聖書の物語を、テキストで明示的に言及されている人、物、出来事を超えた第2レベルの参照を持っていると解釈します。

比喩: 単語または句は、文字通り適用できないオブジェクトまたはアクションに適用されます。

擬人化: 人間の特性、感情、または意図の非人間的実体への帰属。

比喩: あるものと別の種類のものとの比較。説明をより強調したり、鮮やかにしたりするために使用されます。

低カタスタシス: 類似性、表現、または比較を宣言または暗示します。比喩では2つの名詞に名前が付けられ、与えられているため、比喩とは異なります。一方、低カタスタシスでは、1つだけが名前が付けられ、もう1つが暗示されます。

    これらの比喩を見つけることは、実際に使用されたものではなく、間違った比喩を適用することによって、私たちが嫌いなものを強制的に変更するための抜け穴として誤用されるメカニズムではありません。私たちは、読むときにこれらのテクニックを正しく適用することを意図しています。それは魚を捕まえるのとよく似ており、魚は私たちが得るための特定の知識の塊を表しています。それは魚を研究することだけではなく、それはあなたのものです。あなたはまだそれを捕まえる方法で使われる方法を知る必要があります。同じように、正しく分割することは釣った魚を扱うことではなく、そもそも魚を正しく釣る方法を知るための鍵です。それぞれの魚をその種類に応じて捕まえる方法のすべての技術を知っている場合にのみ、それらの魚を手に入れることができます。

 

    言い換えれば、文字通りの意味で行うのと同じように、比喩を理解するためのテクニックを使用することはできません。同じ点で、グッピーを捕まえるのにマグロのトロール船を使うことはありません。イエスは人であり、彼が私たちに与えた言葉とそのニュアンスのすべてを使って人に話しかけます。彼が言ったとき、彼は私たちが実際に彼の血を飲んで彼の肉を食べることを望んでいませんでした、しかしそれが実際には文字通りではなかったとき、彼らが彼を文字通り連れて行ったので多くの人々が去りました。この別の例は、イエスとサタンの両方が朝の星とどのように比較されるかです。明らかに、どちらも非常に暑い惑星の金星ではなく、金星は技術的には星ではなく、間違いなく同じ人物でもありません。神は私たちに私たちの脳と環境を与えてくれました。神は私たちが私たちの理解を深めることを期待しているので、私たちはすべての変数を識別する準備ができています。私たちはすべてに同じルールを適用することを意図していません。また、シナリオが多すぎて、聖書は一般的なガイドブックにすぎないため、実際には何も適用されないと言うつもりはありません。間違いなくそうではありません。私たちは、知的で合理的であり、物事を正確に識別できることを目的としています。セマンティクスに夢中になって、それが書かれた理由を完全に見逃してはいけません。

 

    この人生は、私たちが良い性格を発達させるときに、愛をもって神に栄光をもたらすことです。神は私たちがこの苦しみの炉をどのように扱うかを見たいと願っておられます。私たちは彼と彼の規律を選んで彼との関係を改善し、私たちの意図した目的を果たしますか?それとも私たちは聖霊を消し去り、代わりに私たちの罪深い欲望を追いかけますか?罪深い欲望がまだあなたの人生に強く根付いているなら、予言を研究することはあなたがそれを征服するのを助ける素晴らしい方法です。聖書の予言がどれほど素晴らしいかを学ぶことは、あなたが罪を犯すことをやめたいと思うほど高い信仰を築く傾向があります。現在成就している終わりの時の予言の量は言うまでもなく、私たちが間もなくイエスを目で見ようとしていることの主要な指標です。 

メシアの到着の予言

    以下は、預言が書かれるずっと前にイエスが彼の驚くべき行動で成就した驚くべき予言です。予言によって設定された極端なパラメーターを実行する一人の男が十分に奇跡的ではなかったかのように、それらを実行する数学的オッズも同様に驚くべきものです。

バプテスマのヨハネが道を整える

(書かれた〜紀元前六百九十年)

イザヤ四十:三 バプテストのジョンの生涯によって満たされました。

「荒野で叫ぶ彼の声、あなたがたは主の道を整え、砂漠をまっすぐに私たちの神のための高速道路にしてください。」

(書かれた〜紀元前四百八年)

マラキ三:1  バプテスマのヨハネの人生によって成就しました。

見よ、わたしは使者を遣わし、彼はわたしの前に道を整える。あなたがたが求める主は、あなたがたが喜ぶ契約の使者でさえ、突然彼の神殿に来るであろう。見よ、彼は来るであろう。 、ホストの主は言います。」

ユダヤ人は七十年の捕囚と神殿の再建の後に解放されました

(書かれた〜紀元前六百九十年)

イザヤ四十四-四十五 イザヤは、エルサレムを回復するプロセスを開始するために育てられ、七十年の捕囚の後、サイラスが生まれる百年以上前、または権力を握った後、ユダヤ人を解放することを何度もサイラスに指名して予言しました。

(イザヤ44-45を参照)

(書かれた〜六百二十七-五百八十五)

エレミヤ二十五:10,十一  七十年の捕われの身が予言されました。

「私は彼らから喜びと喜びの音、花嫁と花婿の声、石臼の音とランプの光を追放します。この国全体が荒れ果てた荒れ地になり、これらの国々はバビロン七十の王に仕えます。年。」

エレミヤ二十九:一 これが主の言葉です。「バビロンの七十年が終わったら、私はあなたのところに来て、あなたをこの場所に連れ戻すという約束を果たします。

(書かれた〜紀元前五百三十八年から五百二十年)

エズラ一:2-4 破壊される四十年前の寺院の再建。 

「これはペルシャの王キュロスが言っていることです。あなたがたのうちで、ユダのエルサレムに上って、エルサレムにいる神、イスラエルの神、主の神殿を建て、彼らの神が彼らと共におられるように。人々は彼らに銀と金、品物と家畜、そしてエルサレムの神の神殿のための自由意志の捧げ物を提供しなければなりません。」

 

エズラ 六:2-5  「メディア州のエクバタナの城塞で巻物が見つかり、これが書かれていました。覚書:キュロス王の最初の年に、王はエルサレムの神の神殿に関する法令を発行しました。犠牲を捧げる場所として再建され、その基礎を築きました。高さ六十立方、幅六十立方で、大きな石が3コース、木材が1つあります。費用は、国庫が負担します。ネブチャドネザルがエルサレムの神殿から持ってきてバビロンに持ってきた神の家の金と銀の品物は、エルサレムの神殿の彼らの場所に戻され、神の家に預けられることになっている。 '

メシアはダビデ王の父、エッサイの根から来ています

(書かれた〜紀元前六百三十年から五百四十年)

2サムエル七:12-17  「あなたの日々が満たされ、あなたがあなたの先祖と共に休むとき、私はあなたの後にあなたの種を立てます。彼はあなたの体から来ます、そして私は彼の王国を確立します。 彼は私の名前のために家を建てるでしょう、そして私は彼の王国の王位を永遠に確立します。 私は彼の父になり、彼は私の息子になります。もし彼が不義を犯したなら、私は彼を人の杖と人の子らの打撃で追いかけます。 しかし、わたしがあなたの前から取り除いたサウルからそれを取ったので、わたしの憐れみは彼から離れることはありません。 そして、あなたの家とあなたの王国はあなたの前に永遠に確立されるでしょう。あなたの王位は永遠に確立されます。 これらすべての言葉とこのすべてのビジョンによると、ネイサンはダビデに話しかけました。」

(書かれた〜紀元前六百九十年)

イザヤ十一:1 イエスはジェシーの血統の出身です。

「それから、ジェシーの切り株から芽が出て、彼のルーツからの枝が実を結ぶでしょう。」  

ベツレヘム生まれ

(書かれた〜紀元前七百十年)

ミカ五:2  「しかし、あなた、ベツレヘム・エフラタ、あなたは数千人のユダの中にはいないが、あなたがたのうちから、イスラエルの支配者となる者がわたしのところに出て来るであろう。

メシアは私たちの罪のために死ぬでしょう

(書かれた〜紀元前六百九十年)

イザヤ五十三章十二節それでわたしは彼の一部を大いなる者と分け、彼はその略奪品を強い者と分けます。彼は魂を注ぎ出して死に至らしめたからです。多くの、そして違反者のために執り成しをしました。」

彼らはメシアの手と足を突き刺し、彼の服のためにたくさん投げます

(書かれた〜紀元前五百八十七年)

詩篇二十二:16-18  「犬は私を憐れんでくれた。邪悪な者たちの集まりが私を包み込んだ。彼らは私の手と足を突き刺した。私は私のすべての骨に言うかもしれない。彼らは私を見て見つめている。彼らは私の衣服を彼らの間で分け、私の衣類。」

メシアの到着までの日数

(書かれた〜紀元前五百四十年)

ダニエル九:25-26は、伯爵がいつ始まり、彼の死に至るかを宣言しました。エルサレムを再建するための法令から、六十九の七、または百七十三八百八十日(三百六十日ユダヤ人の年)があります。メシアは罪を終わらせ、罪を終わらせます。  

  「これを知って理解してください。エルサレムを回復し再建するという言葉が出てから、支配者である油そそがれた者が来るまで、七つの「7」と六十二の「7」があります。それは通りと塹壕で再建されますが、問題が発生したときです。 六十二の「7」の後、油そそがれた者は死刑に処せられ、何も持たなくなります。来る支配者の人々は都市と聖域を破壊します。終わりは洪水のようになります。戦争は終わりまで続き、荒廃が布告されました。」

ダニエルの六十九セブンの一日の始まり

(書かれた〜紀元前四百三十年)

ネヘミヤ-九 法令は正式に作成され、紀元前四百四十四年のニサンの月の名前のない日にアルタクセルクセスの二十年目、または三月/ 四月のグレゴリオ暦で開始されました。  (ネヘミヤ二:1-9を参照)

彼は三十ピースの銀で裏切られ、「ポッター」はそのお金で支払われます。  

(書かれた〜紀元前五百十八年)

ゼカリヤ十一:12,13 わたしは彼らに言った、「あなたがたが良いと思うなら、わたしの代価をください。そうでなければ、我慢してください。それで、彼らはわたしの代価として銀貨三十枚の重さを量りました。

13主はわたしに言われた、「それを陶工に投げなさい。わたしが彼らから高く評価されたほどの値段である。そして私は銀貨三十枚を取り、それらを主の家の陶芸家に投げました。」

メシアはロバに乗って町に乗り込む

(書かれた〜紀元前五百二十年から五百十八年)

ゼカリヤ九章九節は、ロバの子馬に乗って町に入る方法を正確に述べています。

シオンの娘よ、大いに喜んでください。エルサレムの娘よ、叫びなさい。見よ、あなたの王があなたのところに来る。彼は正義であり、救いを持っている。低く、ろばに乗って、ろばの子馬に乗っている。 「」

    ニサン1の月の三月七日、ネヘミア二から紀元前四百四十四年、ダニエルから十七万三千八百八十日を選択すると、過越の祭りの直前の土曜日、西暦三十三年四月三日に着陸します。ロバに乗って町に行き、神であるという主張のために十字架につけられました。法令が四百四十五年に出されたのか、そして彼の死は西暦三十二年であったのかなど、他にも既存の議論があります。次のセクションでは、これらのイベントのタイミングに関する基本的な詳細について説明します。  

メシアの到来についてさらに百節 

そしてそれらの成就

https://www.openbible.info/topics/prophecy_of_the_birth_of_jesus

Daniel's 69 weeks

ダニエルの六十九週間の数学

上記のように、聖書全体で最も驚くべき預言の 1 つは、ダニエル書に見られるものです。それは、メシア・イエスがいつ殺されるかを正確に述べています。彼自身のためではなく、私たちのためにです。ダニエルは、エルサレムの復元と再建の命令から始まる正確な日数を示すことで、これがいつ起こるかを書くように促されました.それはニサン445年に与えられたアルタクセルクセス・ロンギマヌスの布告から173,880日であり、グレゴリオ暦(まだ存在していなかった)4月32日のアンノ・ドミニ(主の年)の6日に終わった。

この法令の年と磔刑の日付を確認するには、腰を落ち着けて、法令や出来事の背後にあるパラメータとサポートを実際に調べるのに少し時間がかかります.いつと聞くだけでなく、なぜ、どのようにそれを知っているのかを必ず尋ねてください。キリストの時代より前の歴史の多くの部分の場合と同様に、物事がいつ書かれたか、そして特定の王がいつ権力を握ったかについての議論があります。例として、ネヘミヤの詩は、アルタクセルクセスの 20 年目は勅令が発せられた年であると述べているので、彼が王として権力を握ったのは何年かを知る必要があります。

 

これらの日付について人々が参照する情報源の 1 つは、プトレマイオスの「王のバビロニア正典」から来ています。 Artaxerxes に関する限り、彼の言うことと、そうでなければ支持する他の調査結果との間に大きな年の食い違いがあります。  彼は不正確さのために裁判にかけられ起訴され、何度も誤りであることが判明しました.残念なことに、彼の「カノン・オブ・キングス」は今でも彼らが持っていた最高のものであり、ほとんどの人がまだ事実と見なしているものです.天文学者プトレマイオスの虚偽と誤りを簡単に検索し、それについてすべて読むことができます。人々が日付を間違える理由について、いくつかの参考資料を含む記事へのリンクを次に示します。 

https://www.ministrymagazine.org/archive/1978/10/biblical-archeology

この獣にはいくつかの頭があり、飼いならす前にすべて対処する必要があります。言うまでもなく、最初からこれは非常に困難な作業のように見えますが、座って理由を尋ね続ける気があれば、それを行うことができます。エルサレムを再建するための聖書の「布告」は 4 つあります。発見された4つの命令のうち、そのうちの1つだけがエルサレムに関する命令でしたが、他の3つは神殿に関するものでした.

the 4 decrees.tiff

Chuck Missler - Revelation Session 11 https://youtu.be/TBSPVV7Z4kU

次に、カレンダーの修正とともに、カレンダーをふるいにかけます。グレゴリオ暦、ユリウス暦、ヘブライ暦、および民事暦があり、そのすべてに正確な修正があり、フラストレーションの追加点として、天文学的な計算を行う場合は、年を追加する必要があるため、法令の年は次のようになります。 445 ですが、天文学的には「ゼロ年」がカウントされるため 444 と呼ばれます。実際には、ゼロ年は実際には紀元前 1 年です。紀元前の日付。これはまた、天文学を入手する必要があるだけでなく、ユダヤ暦、ユリウス暦、グレゴリオ暦の間を移動する必要があるため、オンライン計算機を使用するメリットもありません.聖書で与えられているその日付は、太陽ではなく月に基づいた 360 日を基準とするヘブライ語の宗教暦の月であるニサンです。月自体は新月から始まります。彼らのカレンダーでさえ、「epact」または epagomene の調整が必要でした。これは、カレンダーを月に再同期させるために、1 日の始まりを調整したことを意味します。

 

時間をかけて計算すると、天文学的なゼロ年を超えてしまいます。これは、新月の天文学を参照するときに使用したものを削除することを覚えておく必要があります。それに加えて、曜日を知りたい場合は、365.25日の太陽年と閏年から時間をさかのぼって作業する必要があります.グレゴリオ暦からユリウス暦に移行すると、1752 年のアメリカでは 11 日間の長さのギャップがあり、時間が経つにつれて増加するため、グレゴリオ暦にとどまるのが最善です。そのギャップは国によっても異なります。いつ、どのような理由で知りたい場合は、このリンクで詳細を説明しています。

https://www.timeanddate.com/calendar/julian-gregorian-switch.html

 

このすべての後でも、日付の最も信頼できる情報源を見つけようとする必要があります.誰かがそうすれば、すぐに多くの人が日付を提供していることに気付くでしょうが、実際に同意したり、その背後にある理由を説明したりすることさえできる人はほとんどいません.これらの予言の正確さを計算することを、何らかの力が妨げようとしているかのようです!幸運なことに、1800 年代にスコットランド ヤードで働いていたロバート アンダーソン卿という人物がいて、1894 年に「The Coming Prince」という本を出版しました。この非常に知性があり、熟練した、勤勉な調査官が行ったこの絶対に注目に値する努力を知る前に、私はダニエルの 70 週にネジを締めようと腰を下ろしていました。私は、この予言を計算するために必要な主要なポイントを見つけるようになりました.ユダヤ人の年は360日であったに違いない.また、それがどの法令であるかもわかりました。これは、数学が遠く離れた唯一の法令であっただけでなく、前提のためでもありました。多くの情報源を検索して相互参照することにより、アルタクセルクセスの治世の正確な日付を絞り込むことで、少し近づくことができました.  それから私は、過越祭の説明、ごちそうの手順、およびはりつけの詳細を学習するためにできることをしました。私もロバート・アンダーソン卿がそうであったという結論に達しましたが、444 年の天文年 (実際の 445 年) しか決定できず、キリストの誕生と磔刑の日付に関して見つかった日付を精査するのに苦労しました。私の欠落しているすべての日付、そしてさらに重要なことに、日付の理由付けは、ロバート・アンダーソン卿の調査結果を確認するための徹底的な研究と、最も優れた調査方法によって十分かつ真に提供されました.彼の本を読むことは、私が何年も探していた欠けているパズルのピースの箱を見つけるようなものでした.これらの問題に関する本当の答えと実際の証拠が必要な場合は、彼の本は必読です。結局のところ、私が学ぶほとんどすべての牧師や教師がこの本を参照しているので、勉強する価値があることは間違いありません。

過ぎ越しの時期

last supper Kenny D.webp

「過越の晩餐」

第 9 章からの抜粋 

「律法が最終的に公布された五書によって与えられたものほど、この区別を明確に表現できる言葉はないでしょう。」 最初の月の 14 日は主の過ぎ越しです。そして、今月の 15 日は饗宴です。」民数記 28:16、17。出エジプト記 12:14-17 とレビ記 23:5、6 を比較してください。

この簡単な説明に照らして聖ヨハネの第十三章を開くと、あらゆる困難が消えます。シーンは、祭りの前夜、「過ぎ越しの饗宴の前に」過ぎ越しの晩餐に置かれます。そして、ナレーションまたは弟子たちの足の洗いの後、伝道者はユダの急いでの出発について語り続け、裏切り者に対する主の命令は、「必要なものを購入してください」という意味であると理解されたと説明しています。饗宴に反対する。」 (ヨハネ 13:29) 祝祭日は安息日で、商売は違法でした。祭りに必要な物資は、前夜にはまだ調達できていたようです。というのは、この論争に多く見られる別の誤りは、ユダヤ教の日が常に夕方から始まるヌクタメロンと見なされていたという仮定です. 

たとえば、贖罪の日(レビ記 23:32)や毎週の安息日もそのようなものでした。しかし、過越の食事は6時から真夜中の間に食べられましたが、この期間は律法で指定されており、15日のニサンの始まりではなく、14日の夕方または夜でした(出エジプト記12:6-8とレビ記23を比較) :5)。ミシュナ(ベラコトの論文)によると、その日は午前6時に始まったので、15日、または祝祭日は、間違いなく翌朝の6時から計算されました。彼らはそこにいて過ぎ越しを食べていると思っていましたが、過ぎ越しに必要なものを買うためにユダが派遣されたと想像していました!

間違いなく、これが一般的な規則であり、儀式的な清めの法則に関しては特にそうでした。実際、まさにこの事実から、ユダヤ人が裁きの広間に入ることによって自らを汚すことを拒否した過越祭は過越の晩餐ではなかったと結論づけることができます。そのような汚れは失効したでしょう。律法には、「日が沈むと清くなり、その後、聖なる物を食べなければならない」とあります。 (レビ記 12:7)祭りの日の聖なるささげ物についてはそうではありませんでした。汚れがなくなる時刻までに食べなければなりませんでした。 [8] したがって、唯一の問題は、祭りの和解の捧げ物に参加することを「過ぎ越しを食べること」と適切に指定できるかどうかです。モーセの律法自体が答えを提供しています。 (申命記 16:2,3,および歴代誌第二 35:7,8 と比較してください。)

その日は6時に終わったからです。さらに、これらの供物(タルムードではチャギガと呼ばれる)が 3 時から 6 時の間に食べられ、儀式の汚れが 6 時まで続いたことをユダヤ人の著述家から知っています。」

マタイ 12:40

ヨナが巨大な魚の腹の中で三日三晩いたように、人の子は地球の中心で三日三晩となります。

Jewish feasts with moon phase bmp.bmp

ネヘミヤはエルサレムの修復と再建を求めます。

Nehemiah asks Artaxerxes.jpeg

ネヘミヤ 2:1-9

「そして、アルタクセルクセス王の第 20 年のニサンの月に、ワインが彼の前にあったとき、私はワインを受け取って王に与えた。王様は私に言いました、「あなたは病気ではないのに、なぜあなたの顔は悲しんでいるのですか?これはただ心の悲しみです。」それで私はひどく恐れて、王様に言いました、「王様が永遠に生きてくださいますように! 私の父の墓の場所である都市が荒廃し、その門が火事で焼かれているとき、なぜ私の顔が悲しくないのですか? 」  その後、王は私に「何を要求しますか?」と言いました。そこで私は天の神に祈りました. そして私は王に言いました.「もし王様が気に入られたら,そしてもしあなたのしもべがあなたの目に好意を持っているなら,私はあなたが私をユダに送ってくださるようお願いします.父祖の墓の町へ、それを再建するためです。」  その後、王様は私 (王妃も彼の隣に座っていました) に、「あなたの旅はどれくらいかかりますか? そして、いつ戻ってきますか?」と言いました。そこで王様は私を遣わしてくださることを喜ばれました.そして私は彼に時間を設定しました.さらに私は王様に言った.  そして、王の森の番人であるアサフへの手紙で、神殿に関係する城塞の門の梁を作るための木材を私に与えなければならない城壁のために、そして私が住む家のために。」王は、わが神が私に与えた善意にしたがって、それらを私に与えた.それから私は川の向こうの地域の知事に行き、彼らに王の手紙を渡した.さて、王は軍の長と騎兵を連れて行った. me. 

ここでの目標は、69 週に関するこの予言の正確さと神聖な性質を判断することです。70 週はもちろん延期されます。これを行うには、ダニエル 9:25,26  で述べられているように、当然のことながら、布告の正確な始まりと、救世主が絶たれる正確な時刻を確認する必要があります。 「それゆえ、知って理解せよ、エルサレムを修復し建設せよという命令が出てから、君主であるメシアまで、七週と六十二週があることを。困難な時でさえ、通りは再び建設され、壁は建設されます。 「そして、六十二週の後、メシアは絶たれるが、彼自身のためではない。そして、来るべき君主の民は、町と聖域を破壊するでしょう。それの終わりは洪水であり、戦争の終わりまで荒廃が決定されます。」

言及されたこれらの週は、7 の 70 期間として理解され、これらの 7 は日ではなく年です。これらの年も 360 日の長さで、ヘブライ暦の太陰年です。それに疑問がある場合は、最終週の 1260 日の 2 つの半分について黙示録で私たちに与えられた日数を合計するだけでよく、それらの 2520 日を 7 で割ると、360 になります。日年。とにかく、ユダヤ暦が 360 日暦であることは十分に確立された事実ですが、聖書的に確認して検証するのは楽しいことです。年の最後の週が 360 日年である場合、最初の 69 週もそうです。これは、この予言の正確性を検証することによって真実であることが立証されたからです。これらの週が年が決定された期間であることを私たちがどのように知っているかについてまだ学んでいない場合は、The Coming Prince が最も完全に説明していますが、これらの 2 つのリンクでもその要点を説明しています. 

https://davidjeremiah.blog/decoding-daniels-seventy-weeks-prophecy/

https://www.gotquestions.org/seventy-sevens.html

続いて、最初の 7 の 7 が与えられ、次に 62 の 7 が追加されます。最初の 7 つの 7 は、困難な時期に構築されたものであり、その後に残りの 62 週が続き、合計で 69 週になり、残りの 1 週間は後の日付のために保存されます。エレミヤ 30:7 でのヤコブの悩み。つまり、69 かける 7 は 483 年に相当します。 1 年は 360 日なので、483 に 360 を掛けると、エルサレムを回復する命令からメシアの死まで 173,880 日になります。最初に磔刑の日付を調べましたが、今度は勅令に戻り、これら 2 つの日付の間に 69 週間がどのように収まるかを確認します。サー・ロバート・アンダーソンは、The Coming Prince で、それぞれの出来事の正確な位置を確認できる根拠を十分かつ真に確立しました.第 9 章では磔刑の日付について説明し、第 10 章では布告の時期について詳しく説明します。

エルサレムを修復し再建する命令。

nehemiah decree.jpeg

「預言の成就」
第10章からの抜粋

「聖ルカの声明は、私たちの主の公務がティベリウス・カエサルの 15 年目に始まったことを明確かつ明確に示しています。過越の祭りの直前に始まったことも同様に明らかです。したがって、その日付は西暦 8 月の間に固定することができます。したがって、キリストが過越の晩餐の夜に裏切られ、過越の饗宴の日に殺されたとき、はりつけの過ぎ越しは西暦32年でした。」

神が正確であり、時間の外にあり、知識と知恵において完全な万物の神聖な創造者であることを期待しているので、この予言は、それが実際に彼によって与えられたと宣言し、追加するにつれてその正確さを示していると期待できます。この日からさかのぼって、エルサレムを復元し再建するというまさに布告に到達しました。

「ユダの自治を回復したペルシャの勅令は、ユダヤ人のニサンの月に出された。それは実際にはニサンの 1 日と日付付けられていたかもしれないが、他の日付が指定されていないので、預言の時代は一般的な慣習に従って計算されなければならない。ユダヤ人と、ユダヤ人の元旦から。したがって、70 週はニサン紀元前 445 年の最初の週から計算されます。」

「ニサンの 1 日は、王の治世を計算し、祭りを行う新年です。」 — ミシュナ、論文「Rosh Hash」。

「壁はエルルの月の二十五日、五十二日で完成した」(ネヘミヤ6:15)。 25 番目の Elul からさかのぼって 52 日後、3 番目の Ab に到達します。したがって、ネヘミヤは第 1 アブより遅く到着したに違いなく、明らかに数日前に到着したに違いありません (ネヘミヤ 2:11)。これを 13 年前のエズラの旅と比較してください。 「彼は第一の月の一日にバビロンから上って行き始め、第五の月の一日(アブ)に彼の上にあった彼の神の良い手に従って、エルサレムに来た」(エズラ記7: 9)。したがって、ネヘミヤも最初の月の初めに出発したと推測されます。

エズラとネヘミヤのそれぞれの旅の年代順の類似性は、エズラ 7 とネヘミヤ 2 が同じ出来事に関連して、両方が一緒にエルサレムに上ったという巧妙な理論を示唆しています。これは、ペルシャの計算によれば、アルタクセルクセスの在位期間は彼の誕生から計算されたという仮定に基づいていますが、この仮定は空想的で恣意的ですが、その著者は「決してありそうにない」と述べています (Trans. Soc. Bib. Arch., 2., 110: Rev. DH Haigh、1873 年 2 月 4 日)。

「さて、ユダヤ人の神聖な年の偉大な特徴は、エジプトのイスラエルの小屋に彼岸の月が降り注ぎ、復活祭のいけにえによって血に染まった記憶に残る夜以来、変わっていません。そして、狭い範囲内で修正することに疑いも困難もありません。ニサンの 1 日のユリウス日. BC 445 では、過越祭が規制された新月は 3 月 13 日午前 7 時 9 分であった.したがって、最初のニサンは 3 月 14 日に割り当てられる. "

サー・ロバート・アンダーソンの著書のこの時点で、グリニッジの王立天文台で働いていたサー・ジョージ・ビッデル・エアリーの名前で、彼がどのように別のサーに助けを求めたかについて言及しています。グリニッジ標準時 (GMT) の設定に使用されたことで有名な場所をご存知かもしれません。イギリスの天文学者ジョージ・ビッデル・エアリー (1801-1892) によって提案されました。最初の観測は 1851 年 1 月 4 日に行われました。1884 年のワシントン DC での国際タイム ゾーン システムの作成に関する合意に続いて、エアリーのトランジット サークルの位置がゼロ度子午線である本初子午線を定義することが決定されました。天文台は現在博物館になっており、元の場所に楽器が展示されています。

サー・ジョージ・ビデル・エアリー

George_Biddell_Airy_1891.jpeg

エアリーのトランジット サークル、グリニッジ、1891 年

G.B.Airy transit Circle.jpeg

「この計算について、王室の天文学者の厚意に感謝し、この件に関する私の問い合わせに対する回答を添付します。

「王立天文台、グリニッジ」

1877 年 6 月 26 日。

「サー、 — 私はラージトーの表から Connaisance des Tems 1846 への追加で私の助手の 1 人に計算してもらいましたが、その正確さに疑いの余地はありません。計算された位置は — 444、3 月 12 日。 、フランス語の計算、または 3 月 12 日午後 8 時、この時間は新月より約 8 時 47 分短かったようであり、したがって、新月はパリ時間の 3 月 13 日午前 4 時 47 分に発生しました。」

私は、など、
「(署名済み)GB AIRY.」

 

したがって、新月は紀元前 445 年 3 月 13 日 (444 Astronomical) 7 時にエルサレムで発生しました。 9メートル。午前"

(ithasbeenwritten からの補足)

助けを求める人々の中で、彼がエアリー卿から助けを得ることができたという事実は、ただただ素晴らしいと思いました。誰かがそれらの計算を行う資格がある場合、本初子午線の開発者が行うと思います...現在、数学の天文学的な天才ではない人は、ステラリウムのようなプログラムを使用して、これを自分で確認することができます私はやった。新月は自然に私たちの視点から太陽に近づくため、見えなくなり、その位置のためにどのフェーズの光も反射することができなくなります。それが私が見つけたいと思っていたものであり、実際に私が見つけたものです。これらの人が Largeteau のテーブルを使用してどのように分単位で処理を行うかは、まさにその域を超えています!

「そして、その日付を確認することができます。ユダヤ人の慣習に従って、主は「過越の祭りの6日前」のニサン8日にエルサレムに上られました[5]。食べられた, その年は木曜日に落ちた. 8日は前の金曜日だった. したがって、彼は安息日をベタニアで過ごしたにちがいない. 9日の夜、安息日が終わった後、夕食はマーサの家で行われた.福音書に記録されているように、翌日のニサン第 10 日に、イエスはエルサレムに入城されました [6]。

[5] 「人々がクサンティコスの月、つまりニサンの第 8 日に、種なしパンの饗宴に大群衆でやって来たとき (ヨセフス、戦争、6. 5、3)」そして、ユダヤ人の過越祭は多くの人が、過越の祭りの前に身を清めるために、国を出てエルサレムに上って行った...そして、過越の祭りの6日前に、イエスはベタニヤに来られた」(ヨハネ11:55; 12:1)。

[6] Lewin、Fasti Sacri、p。 230。

その 10 番目のニサンのユリウス暦の日付は、西暦 32 年 4 月 6 日の日曜日でした。では、エルサレムを再建する布告が発令されてから、「メシア ザ プリンス」が公に出現するまでの期間の長さは、3 月 14 日から、紀元前 445 年、および西暦 32 年 4 月 6 日?間隔は、ガブリエルの予言の最初の 69 週である 173 日、880 日、または 360 日の 69 予言年を 7 回正確に含んでいました。

アルタクセルクセス (エルサレム再建の勅令) の 20 年目の最初のニサンは、紀元前 445 年 3 月 14 日でした。受難週 (キリストのエルサレム入城) の 10 回目のニサンは、西暦 32 年 4 月 6 日でした。その間の期間は 476 年と 24 日でした。 (予言の言葉によって必要とされるように、またユダヤ人の慣習に従って、日は包括的に計算されます)。

しかし、476 x 365 = 173,740 日

追加 (3 月 14 日から 4 月 6 日まで) 24 日間

うるう年は116日加算

合計 173,880 日

そして、360 日 (または 69 x 7 x 360) 173,880 日の預言的な年の 69 週。

ここで 2 つの説明的な発言を提供するのがよいかもしれません。初め;紀元前から西暦までの計算では、常に 1 年を省略しなければなりません。それは明らかだからです。 gr.、BC 1 から AD 1 までは 2 年ではなく 1 年でした。紀元前 1 は紀元前 0 と記述されるべきであり、歴史的な日付 BC 445 を 444 と記述する天文学者によって計算されています。 10 46 秒、または 1 日の約 129 分の 1 で、「平均太陽年」よりも長い。したがって、ユリウス暦には 4 世紀に 3 回の閏年が多すぎます。西暦 1752 年に 11 日に達していた誤差は、英国の暦が 9 月 3 日を 9 月 14 日と宣言し、グレゴリオ暦の改革を導入することで修正されました。これは、世俗的な 4 年のうち 3 年を平年と見なします。元。 gr.、1700、1800、1900 年は平年、2000 年は閏年です。 「古いクリスマスの日」は今でも私たちのカレンダーに記されており、一部の地域では 1 月 6 日に行われています。そして今日に至るまで、ロシアではカレンダーは修正されていません。」

結論

この本は、聖書の中で最も驚くべき預言の 1 つに欠けているパズルのピースをいくつかまとめるのに非常に役立ちました。 The Coming Prince という本全体を読むことを強くお勧めします。彼は自分の推理について正当な理由を述べており、それは検証可能です。もちろん、これは彼が間違っていたと人々が言うのを止めるものではありませんが、彼らが間違っていると言う人は常にそこにいます.  これが、確認するだけでなく、座って数値を計算して、自分で物事を確認する必要がある理由です。多くの変数があり、すべてのカレンダーの変更のおかげで、それは簡単な作業ではありません.

ロバート・アンダーソン卿がグレゴリオ暦を使って手動で計算し、変更からすべてのエラーを取り除き、同じ 173,880 日にも到達したことを確認できたことは素晴らしいことでした。言うまでもなく、彼はまた、はりつけの日付に到達するために間隔を手動で差し込む必要がありました.それはそれをクロスチェックする素晴らしい方法でした。それでも、最新のカレンダー コンピューターを使用する場合、西暦 445 年 3 月 13 日からの 173,880 日のカウントをプラグインすると、提案された西暦 32 年 4 月 3 日   に直接到達します。

あまり期待せずに初めて自分でこれを行ったときのことを決して忘れません.173,880日が2つの日付の間に正確に収まるのを見たとき、私はそれに驚いてそこに座っていました.確かに、これらのオンライン計算機にプログラムされたこれらのアルゴリズムの間には、いくつかの小さな不一致があります。

カレンダーにこれらすべてのエラーがあったとしても、私たちが正確なところまで詰め込んでいるという事実は驚くべきことです!もちろん、ダニエル書、ダニエルによってネブカドネザル王に与えられた王国の勃興と崩壊の予告、そして69週間のこの正確な予言により、人々はそれが何年も後にマカベアの反乱の間に書かれた偽物であると見なします.幸いなことに、ダニエルとネブカドネザルが存在し、紀元前6世紀に書かれたことを真に裏付ける十分なアーティファクトが見つかりました。予言は本物であり、神は本当に驚くべきものです。彼は数え切れないほどの方法で、聖書全体が統一された切れ目のないメッセージであり、それは神自身によってのみ与えられたものであることを証明しました.ヘブライ語聖書の唯一無二の神。彼が永遠に称賛されますように。

ダニエルが本当に
紀元前6世紀に書かれた

福音書によると、その日に起こった暗闇について記録された非常に興味深い記述が他にもいくつかあります。地震は正確なタイミングを突き止めるのが少し難しいですが、正午から3時間続く暗闇は確かに注目されました。初期の歴史家の何人かは、いくつかの点で意見が一致しませんでした。しかし、先ほど見たように、予言は 1 つの場所にしか収まりません。それにもかかわらず、正午から始まった 3 時間の暗闇は、何人かによって記録されました。最も奇妙な説明の 1 つは、次のビデオで見られるように、中国の光武帝の説明です。

「中国の光武帝はイエスのはりつけと復活のしるしを与えられた」 12:26

正午の闇 

「今、六時間から九時間まで、全土に闇がありました。」マタイ27:45-46  

    これは間違いなく見過ごされないものです。この出来事を記録している場所はかなりたくさんありますが、特に問題の正確な日付を確認するのに役立つ場所、つまりフレゴンからのものであり、西暦33年の過越の祭りで起こったと言われています。証拠のために、これらの過去はもっとありますが、はりつけの日付を確認する目的で十分に含まれています。

ローマの歴史家、アクイレイアのルフィヌス(344 / 345–411)

この時代の最初の歴史家の一人であるアクイレイアのルフィヌスは、エウセビオスの教会史で彼が完了した仕事の一部として、西暦312年に殉教によって死ぬ前にアンティオキアのルシアンによってマキシムスに与えられた防御について説明するセクションが含まれています。ローマの作家は、ナザレのイエスの磔刑で起こったと言われている福音書によって記述された暗闇がローマのアーカイブの歴史的記録の一部であることを確信していました。

「あなたの文章を検索すると、ピラティスの時代に、キリストが苦しんだとき、太陽が突然引き抜かれ、暗闇が続いたことがわかります。」[4]

 

ローマの歴史家によるこの声明は、イエスのはりつけで暗闇が起こったという新約聖書の記述を確認するだけでなく、聖書以外の文書が古代の記録に存在することの証拠としても役立ちます。 「キリスト。」  

キリスト教の歴史家パウルス・オロシウス(375 – 418)執筆:

「イエスは自発的に情熱に身を任せましたが、ユダヤ人の不敬虔によって捕らえられ、十字架に釘付けにされました。世界中で非常に大きな地震が起こり、山の岩が裂け、都市はこの異常な暴力によって倒れました。同じ日、その日の6時間目には、太陽が完全に覆い隠され、嫌な夜が突然土地に影を落としました。さらに、月も雲も太陽の光の邪魔にならないことは明らかであり、その日、月は14日齢であり、天の全領域が投げ込まれたと報告されています。その間は、太陽の光景から最も遠く、空全体の星が輝いていて、それからその日の時間、あるいはそのひどい夜に輝いていました。これに対して、聖福音書の権威だけでなく、ギリシャ人の本さえも証明しています。」

ギリシャの歴史家、トラレスのプレゴン(80  〜100s)

イエスが十字架につけられたティベリウス・シーザーの時代のエルサレムでの3時間の暗闇について述べた、ギリシャの歴史家、フレゴンからの実質的な記録:

「この日食は、月の出でエルサレムから見えました…。エルサレムから午後6時20分頃(ユダヤ人の安息日の始まりであり、西暦33年の過越の祭りの始まりでもあります)に最初に見え、その円盤の約20%が地球の影の陰影にあります…。日食は30分後の午後6時50分に終了しました。」

ジュリアス・アフリカヌス、ローマの歴史家葉状体(〜50)

ジュリアス・アフリカヌスは、ローマの歴史家の葉状体によると、暗闇は日食によって引き起こされた可能性はないと記録しています。過越の祭りは、日産の14日目の満月の間に常に観察されます。日食は、月が新しく、太陽の下にあるときにのみ発生する可能性があります。満月と同時に皆既日食が起こることは科学的に不可能です。

2世紀、テルトゥリアヌス(160-200s)

初期のキリスト教教会の信仰の擁護者であるテルトゥリアヌスは、はりつけを取り巻く暗闇は、イエスが十字架につけられたまさにその時に起こったと説明しました。

「(はりつけと同じように)同じ時間に、まさにその時の太陽が彼の子午線の炎に包まれていたとき、日の光は取り消されました。これがキリストについて予言されていたことに気づかなかった人々は、間違いなくそれを日食だと思っていました。あなた自身はまだあなたのアーカイブに世界の前兆のアカウントを持っています(Phlegonのアカウント)。」

この情報はhttps://robertcliftonrobinson.com/2015/01/10/the-darkness-at-noon-during-jesus-crucifixion-is-confirmed-by-secular-historians/から取得されました。

次の2つのビデオは、これらのトピックに続く自然に発生する好奇心を十分に満たすためにここにあります。

「イエスの真の誕生日(メシアイエシュア)。」 15:39

「デビッド・ウッド博士がキリストの復活を証明する」 20:35

It never ceases to amaze me, that no matter how many times a person can read the Bible, there is always something else to learn, and more is being uncovered about it every day. Some stories we have heard for so long, it never occurs to the reader to ask, "What is meant by that?" We just accept it, because we are so used to it. When Jesus was born he was given frankincense, gold, and Myrrh, as seen in Matthew 2:11. He was born in Bethlehem, and he was wrapped in swaddling cloth, and laid in a manger, and all of these things have serious significance.

Frankincense – The Deity of Jesus

Frankincense was burned in the temple as an offering to God (Exodus 30:34-38). By bringing this gift, the Magi affirmed Jesus was no ordinary man; he is both fully man and fully God.

Gold - The Kingship of Jesus

All throughout the Bible we see the value, rarity, and symbolic reference of gold to purity which does not tarnish. In those days, gold was usually only commonplace for kings. Not to mention the use of Gold in the Holy place, and the Holy of Holies. The wise men knew who Jesus was, and his incarnation heralded the presence of God. Immanuel means God with us, and according to the prophets he was going to be the sacrifice of atonement, which he would make when he went to the cross. This leads us into the reason for the next gift.

Myrrh - The Death of Jesus

The Magi knew what the prophets said would happen to him from the writings found in Isaiah 53, King David's Psalm 22, Zechariah 11:12,13,  Daniel 9:25,26, and other places. They knew he was God, come as a man to die for us, and this expensive Myrrh was used for embalming, as we read in John 19:38-40, myrrh was being mixed by Nicodemus as an embalming fluid for Jesus, at the time of his death. I wonder if it was the same gift he was giving as a child...

 

People do not travel as far as the Magi did through a desert, escaping near death from Herod, and then give 3 ridiculously expensive, and very symbolic gifts to a young child, unless they had good reason to believe was indeed who he was. As seen in the next video, there is more symbolic significance to this, because when he was born he was placed in a manager, and wrapped in swaddling cloth. Typically, this is the way you would expect to find a lamb. The fact that Jesus arrived prefigured as a lamb, and was given those three gifts is just another loud declaration that this was no ordinary man. This was the one and only, God man who redeemed the whole world, for all of time, Just as he knew he would, from day one. 

Thank you for this video David. Our God is awesome!

「イエスの真の誕生日(メシアイエシュア)。」 15:39

The Rapture

携挙

「イエスの真の誕生日(メシアイエシュア)。」 15:39

Logical Concepts To Remember
By Rapture Watchers

We believe firmly in the pre-tribulation rapture because that’s what the Bible teaches. We believe that the rapture of the church (The catching away of believers) and the Second Coming are two separate events. The scriptures describing the Rapture and the Second Coming make it clear that they are 2 separate events.

The Word teaches that Jesus will imminently return like a thief in the night and snatch away all Believers in the twinkling of an eye (keep watch, thief in the night, business as usual, you know not the day or hour etc) The Second Coming of Christ is not an imminent event as it can be precisely calculated. That’s because the book of Revelation reveals that the Second Coming will occur exactly 2,520 days after the Tribulation begins. (Revelation 11:3 & 12:6)

The Rapture of the church can happen any moment (again, imminence) but the Second Coming will happen after 21 judgements befall the earth. It will not happen as a thief in the night, it will not be “business as usual” The tribulation will be anything but “business as usual” it will not be as in the days of Noah where people are buying, selling, marrying, living normal everyday lives. It will be a time of absolute horror and judgements upon the whole world.

 

This (as in the days of Noah - Matthew 24: 37-39, Luke 17:26) cannot be referring to the end of the tribulation period. It has to be referring to before the 7 year tribulation when people are eating and drinking, marrying and giving in marriage, until the day that Noah entered into the ark, And knew not until the flood came, and took them all away; so shall also the coming of the Son of man be. (- Business as usual. - It’ll take billions by surprise! - Cannot be calculated! - Imminence!)  Going into more detail would be that God has never poured out his wrath on the just with the unjust alike (see Genesis 18 where Abraham pleads for Soddom).

The Word is clear we will be taken from the time of trial. (Revelation 3:10, 1 Thessalonians 5:1-11) The lamb who was slain is the only one who can open the seal judgements which tells us judgment of God is at the very start of the tribulation, not middle. The post tribulation doesn’t fit for many reasons, one of which being that when the Rapture happens we are given glorified bodies that cannot marry. If the rapture (hypothetically) was at the END and the few saints that make it through the horrific tribulation period are there waiting: picture this they get their glorified body, go up on a cloud to meet Jesus. Get on their horse, come right back down for the battle of armageddon (Many refer to this as the yo-yo rapture. Up & Down) Now the battle of armageddon takes place. All of God’s enemies are destroyed. He then separates the sheep from the goats (the sheep according to the post-trib view point now have glorified bodies) the goats will go to eternal punishment.

 

Question: Who will repopulate the earth now that there are no humans left on earth?

Answer: There would be no one left to populate the earth during the millennial reign of Christ. This would disrupt the last 1000 years of human history. This simply cannot work. There will be humans populating the earth during the millennial reign of Christ. Glorified bodies cannot reproduce.

Which means that those left behind at the Rapture will have given their lives to Christ during the Tribulation period and they will be the Sheep (At the sheep and goat judgement) that enter into the millennial kingdom and repopulate the earth.

All throughout the New Testament we are told repeatedly that we will be taken from the wrath to come, that we are not appointed to wrath.

And we are to comfort one another with these words. When you read revelation and see what the people have to go through you’ll find there’s nothing comforting or encouraging in that. The tribulation is for the earth dwellers. Not for the body of Christ. At the Rapture Jesus appears on a cloud at the battle of Armageddon he appears on earth and splits the mount of olives.

 

One event happens in the twinkling of an eye and the other happens for the world to see. 1 Thessalonians 5, Revelation 3:3 both tell us that it will not overtake us as a thief in the night and that THEY shall not escape (speaking of the earth dwellers) but YE BRETHREN are not in darkness that that day will overtake you as a thief in the night. Enoch was Raptured (Hebrews 11:5, Genesis 5:21-24) before the flood. (A picture of the church & the Rapture before the wrath begins.)

The 7 year tribulation is for the salvation of the Jewish nation. The church is nowhere to be found. Revelation 1-4 the church is mentioned 19 times after that the church is not mentioned again until chapter 22 verse 16 — after the tribulation has ended. There is mention of “saints” but these would be those who are saved during the tribulation in response to the Rapture (we call them tribulation saints), the Word of God (Bibles people will find) the wrath of God (Isaiah 26:9), the evangelism of 144,000 Jews (Revelation 7), the preaching of the Two Witnesses in Jerusalem (Revelation 11) and the proclamation of the Gospel by an angel who navigates the globe at the end of the tribulation, right before the final pouring out of God’s wrath (Revelation 14:6-7) will get many peoples attention and bring many souls to a saving knowledge of Jesus Christ.And in conclusion it’s our blessed hope.

Looking for that blessed hope, and the glorious appearing of the great God and our Savior Jesus Christ;

Titus 2:13

Because thou hast kept the word of my patience, I also will keep thee from the hour of temptation, which shall come upon all the world, to try them that dwell upon the earth. Revelation 3:10

Wherefore comfort one another with these words.

1 Thessalonians 4:18

Wherefore comfort yourselves together, and edify one another, even as also ye do.

1 Thessalonians 5:11

And to wait for his Son from heaven, whom he raised from the dead, even Jesus, which delivered us from the wrath to come.

1 Thessalonians 1:10

For God hath not appointed us to wrath, but to obtain salvation by our Lord Jesus Christ,

1 Thessalonians 5:9

For we know that the whole creation groaneth and travaileth in pain together until now. 23And not only they, but ourselves also, which have the firstfruits of the Spirit, even we ourselves groan within ourselves, waiting for the adoption, to wit, the redemption of our body. 24For we are saved by hope: but hope that is seen is not hope: for what a man seeth, why doth he yet hope for? 25But if we hope for that we see not, then do we with patience wait for it. Romans 8: 22-25 22

Let not your heart be troubled: ye believe in God, believe also in me. In my Father’s house are many mansions: if it were not so, I would have told you. I go to prepare a place for you. And if I go and prepare a place for you, I will come again, and receive you unto myself; that where I am, there ye may be also. John 14: 1-3

For the Lord himself shall descend from heaven with a shout, with the voice of the archangel, and with the trump of God: and the dead in Christ shall rise first: Then we which are alive and remain shall be caught up together with them in the clouds, to meet the Lord in the air: and so shall we ever be with the Lord. Wherefore comfort one another with these words.

1 Thessalonians 4:16-18

Behold, I shew you a mystery; We shall not all sleep, but we shall all be changed, In a moment, in the twinkling of an eye, at the last trump: for the trumpet shall sound, and the dead shall be raised incorruptible, and we shall be changed. For this corruptible must put on incorruption, and this mortal mustput on immortality. So when this corruptible shall have put on incorruption, and this mortal shall have put on immortality, then shall be brought to pass the saying that is written, Death is swallowed up in victory. O death, where is thy sting? O grave, where is thy victory? The sting of death is sin; and the strength of sin is the law. But thanks be to God, which giveth us the victory through our Lord Jesus Christ. Therefore, my beloved brethren, be ye stedfast, unmoveable, always abounding in the work of the Lord, forasmuch as ye know that your labour is not in vain in the Lord.

1 Corinthians 15: 51-58

All of this is just the tip of the iceberg, and so without further ado, it is time to be directed to the most comprehensive list, consisting of 250 reasons for a pre-tribulation rapture. I have never seen more biblical references, or all inclusive hermeneutics of all the other biblical doctrine being shown for the continuity of scriptural cross agreement.

If there ever was more amazing information packed into one effort, i haven't seen it.

This definitely worth the read whether you already understand why the pre-tribulation rapture is sound doctrine, or not. This is packed with wisdom and clarity regarding many biblical doctrines.

    聖書は携挙の教義を差し迫ったものとして教えていると何度も言われています。つまり、それはいつでも起こり得るということです。人類に関する限り、それは、完全には理解されていなかった予言が知られるようになったとしても、常に真実であり続けています。しかし、携挙はおそらくイスラエルが葉を出すまで起こり得なかったでしょう。さもなければ、彼らは国にならなければならず、苦難の間に特定の予言が起こることができるようになるために3年半以内にすべてイスラエルに急いで行きました。確かなことは知りませんでしたが、時間が経つにつれ、終わりの時まで黙っていた言葉が理解されるようになります。  

 

    それが私たちに与えられていないので、私たちはそれがいつ起こるかを予測することができませんでした。とりわけ、異邦人の数がいっぱいになるまでそれは起こらないことを私たちは知っています、そして私たちは土地所有者がいつでも戻ることができるかのように生きるように言われ、そして生きることを意味します。これはマタイ24:42-51のような場所で明らかにされています。 しかし、テサロニケ第一5:4が言うように、この日が泥棒のようになることを知って、私たちが注意しなければならない多くのパターン、手がかり、しるしがあります。この日は泥棒のようにあなたを追い抜くべきだと。」 いいえ、私たちは日や時間を知りませんが、私たちが暗闇に陥らないように、そしてこの日が私たちを追い越さないように、私たちが研究するために神によって利用可能にされた聖書にはたくさんあります泥棒のように。私たちはそれが来るのを見るでしょう、そして私たちの目の前で、見守っている私たちのためにたくさんのことが展開されています。確かに近いです。

 

    イスラエルが葉っぱを出すのを見る世代は最後になるとはっきりと言われています。 1948年より前に住んでいたすべての人は、その世代の約束が果たされたかどうかについてはよくわかりませんでした。特に最初のシオニスト会議とバルフォア宣言が起こった後、世代の終わりに向かって起こった世界大戦が続きました。彼らはおそらくそれが終わりであり、ヒトラーは確かに「征服に屈した」反キリストであると確信していたでしょう。それが起こる前でさえ、聖書の予言の多くは終わりの時までまだ非常に未知であり、封印されていました。シオニスト会議とバルフォア宣言が行われると、それは「私たちは世代なのか」という思考パターンと疑問を開いたでしょう。おそらくその型に合っているように見えたかもしれませんが、当時はまだかなりの数の場所がありませんでした。実際、今日は場所にあり、近づくにつれてまだ場所に落ちています。これらの2つの議会公聴会は、イスラエルが葉を出すことを可能にした唯一のステップでしたが、それ自体は葉ではありませんでした。キュロス王がエルサレムを再建するための布告に向けて努力したときと同じように、アルタクセルクセスのように、彼は実際には再建の開始を布告しませんでした。それがダニエルの69週間の日数の始まりであり、イスラエルが国家になることが最終世代の始まりです。  

   携挙の詳細に入る前に、この「携挙前、携挙中、または携挙後」の議論に取り組みたいと思います。個人的に、私は聖書がいつだったか、いつでも教えてくれるようにとてもオープンでした。私が自分で聖書を読んだとき、最後の「セブン」の前に携挙が起こったこと以外に何も得られませんでした。彼は2つの別々の人々のグループ(ユダヤ人と異邦人)と2つの別々の出来事(携挙と最終帰国)について話しているようです。それが私に出くわした方法です...  

    それから私は討論のすべての側面、プレ、ミッド、ポストに耳を傾けました。まだ説得される可能性があり、患難前携挙説以外の観点からは、聖書の間に調和と合意がないことがすぐにわかりました。他の見解では、それらの見解をサポートするために、詩を選び出し、分離する必要があります。 2つ以上を組み合わせると、2つの別個のエンティティでない限り、互いに不一致になります。数年の最後の週の前に起こった携挙以外の見解を持っている人は、イエスが話していた人、または彼が話したときに話していた人を単に「正しく分割」していませんが、それをはるかに超えた2つの別々の出来事の証拠もたくさんあります、すぐにわかるように。

    ここで正しいのは一つの見方だけであり、私たちはすぐにわかりますが、これは私たちを救う福音ではなく、キリストの兄弟姉妹として私たちを分けるべきではありません。いつの日か私たちは皆知っているでしょう、そしてそれはもはや問題ではありません。聖書を100%理解して天国に到着し、「うん、私はずっとすべてを知っていた」と言う人は誰もいないでしょう。 実際、私たち全員が、私たちが気づかなかった、あるいは学んだことさえない聖書の部分について、多くの点で私たちの霊的な心を完全に吹き飛ばすだろうと確信しています。

    しかし、携挙を深く研究し、それが文学的な支援に基づいて何が行われるのかについて完全に心を開いた後、私は教会が最終週の前に追いついたと信じる理由がはるかに多いことに気付きました。 言うのは奇妙に聞こえるかもしれませんが、興味があれば、このリンクで説明されているように、聖書には実際に合計7つの「ラプチャー」イベントがあります。

https://www.biblebc.com/Studies/A%20Ready%20Church/seven_raptures_in_the_bible.html

    誰に話しかけられているのか、誰について話しているのかを尋ねることによって正しく分割する鍵は、教会の携挙とハルマゲドンの戦いでのキリストの帰還を理解することを解き放つものです。 「TheEnd」が議論されるたびに、2つの異なるグループが取り上げられます。キリストがユダヤ人の国に注意を戻したとき、年の最後の週が話されているか、教会は私たちが空中でキリストに会う日への希望を与えられています。患難が始まると、教会は再び言及されることさえありません。患難はダニエルからの年の最後の週であり、イスラエル国民のために明確に述べられています。そうです、彼らが印を拒否したので苦難から救われる非ユダヤ人がいるでしょう、しかしこれは神がイスラエルの国で終わる方法です。  

    ダニエル9:20-27からのヤコブの最後の「週」であり、エレミヤ30:7からのヤコブの悩みであるため、7年間の苦難は7年間であることがわかります。  その日はなんてひどいことになるでしょう!他の誰もそのようなことはないでしょう。それはジェイコブにとって厄介な時になるでしょう、しかし彼はそれから救われるでしょう。」 ヤコブがイスラエルの一種であることを私たちが知っている理由の1つは、創世記32章27節のためです。  「あなたの名はもはやヤコブとは呼ばれず、イスラエルと呼ばれるでしょう。あなたは神と人とと闘い、勝ちました。」

    神は聖書の書かれた予言を意図的に巧妙にされました…謙虚で信仰を持っている人は勉強し、答えを探します。すでに信じないことを決心している人は、これ以上気にしないでしょう。彼が初めて来たとき、彼はユダヤ人自身の預言者の正確な予言のすべてを成し遂げました、しかし彼は彼らが彼らにどのように見えるべきかについて彼らの心を決めていたので拒絶されました、そしてそれはそのように見えませんでした。彼らは彼に鉄の棒でローマを征服することを望んだが、彼はしなかった...

たとえ話の目的

 

弟子たちが来て、彼に言った、「なぜあなたはたとえ話で彼らに話しかけるのですか」。

彼は答えて彼らに言った、「天国の謎を知ることはあなたに与えられたのですが、彼らには与えられていません。持っている人は誰でも、彼にもっと与えられ、彼は豊かになるでしょう。しかし、持っていない人は誰でも、持っているものでさえ彼から奪われます。ですから、私はたとえ話で彼らに話しかけます。なぜなら、彼らが見ないのを見たり、聞いたりするのは、彼らが聞いたり、理解したりしないからです。そしてそれらの中でイザヤの予言は成就します、それは言います:

'あなたが聞くことは聞くでしょう、そして理解しないでしょう、
そして、あなたが見るのを見ると、知覚するのではなく、見るでしょう。
この人々の心は鈍くなってきました。
彼らの耳は難聴です、
そして彼らの目を閉じて、
彼らが彼らの目で見て、彼らの耳で聞くべきではないように、
彼らが心で理解して向きを変えないように、
私が彼らを癒すために。」

しかし、彼らが見るあなたの目と彼らが聞くあなたの耳は幸いです。確かに、多くの預言者や義人は、あなたが見ているものを見たいと思っていたのに、見なかったのです。 マタイ13:10-17  

   イエスが、すべての預言者が彼の到来とともに書いたことを成就するために人として来られたとき、私たちはこの謎が働いているのを見ることができます。論理的には、イエスを拒絶する人がいなかったら、イエスは私たちの罪のために十字架につけられなかったでしょう、そしてそれが彼がやるようになったのです。これらの人々が彼が実際に誰であるかを知る機会がなかったと言っているのではありません。彼らはそうしました、しかし彼らのプライドと他の欲求は彼らを盲目にしました。  

 

    イエスがダビデ王の血統から現れたとき、ベツレヘムの飼い葉桶で、預言者が行うと言ったすべての奇跡を行い、すべてのユダヤ人の預言者が言ったように、そして正確にいつになるか、若いロバに到着しました。 …彼らはまだ彼を拒絶しました、今日でさえ、彼らはそれを聞くこと、または見ることを拒否します。  

    聖書のどこにイエスが最初に来ることについての予言を成就するつもりであると書かれているのかを示すように頼まれた場合、あなたはそれを行うことができますか?その点が空白であると言っている節はありません、そしてそれは教会の携挙の同じ正確なケースです。それはそのように平らであるとは言いませんが、それはすべての詩をまとめることによって決定的に推論することができます。 ユダヤ人が初めてイエスを拒絶した主な理由は、彼らが予言の中で二つの別々の出来事の違いを見なかったからです。イエスが初めて来られたとき、それは謙遜と苦しみだけでした。預言者たちが私たちのために死ぬと言ったとしても、イエスがヨハネにそれを明らかにするまで、彼が鉄の棒で支配する正確なタイミングの区別は明確にされませんでした。 その結果、預言者が言ったように、彼は私たちの罪のために殺され、彼の衣服は彼らのためにたくさん投げられ、ゼカリヤ11:12-13が予告したように、正確な量の銀貨30枚で陶芸家の畑が購入されました。

 

    二度目にイエスが来るとき、それは鉄の棒、裁き、そして王国の時代を確立することになるでしょう、そしてその最後の部分はイエスの最初の到来で起こらなかったので、ユダヤ人は彼がすることはできないと言いますメシア。彼が神の子であるならば、彼らは彼に彼の十字架から降りるようにさえ叫んだ。 バプテスマのヨハネでさえ、イエスに質問し、「あなたは来るべき人ですか、それとも私たちは別の人を探しますか」と尋ねました。マタイによる福音書第11章3節を参照してください。イエスはイザヤを引用して答えました(29:18,19と35:5,6)。ハンセン病患者は浄化され、聴覚障害者は耳を傾けます。死者はよみがえり、貧しい人々は彼らに福音を宣べ伝えます。そして、わたしのせいで気分を害していない人は幸いである。」

   技術的には、最初に来られたイエスも2回訪問しました。彼は来て生き、十字架につけられ、そして戻ってきて自分自身と彼の側、足、そして手の傷を見せました。イエスの再臨もまた、別々の出来事の分裂を持っています。正しく分割を適用すると、これらの分割を明確かつ簡単に確認でき、2つの異なる「訪問」があることがわかります。しかし、あなたが「W」の質問をすることを考えないならば、それはあなたを通り越すかもしれません。誰が言ったの?誰に言われているの?そしてそれはいつ話しているのですか?

    これらの聖句のいくつかは、それらが2つの別々の出来事でない場合、論理的に不可能なステートメントであり、それがあなたの最初の手がかりになるはずです。

パウロの差し迫ったメッセージは、教会にとって明確なテーマです。また、教会とイスラエルが別々の組織またはグループとして扱われていることもわかります。教会は怒りに任命されておらず、また教会は艱難の間に言及されていません。これら二つのことを心に留めて、それから新約聖書を読んでください。そうすれば、それはすでにあなたに飛び出し始めます。  

 

    私たちは患難のタイミングを非常によく知っています。携挙が最終週の終わりにある場合、それは非常に「泥棒」のように、または差し迫っていることはありません。私たちは、患難の前半と後半の大患難の両方の開始点を、忌まわしきに至るまでの特定の日数と、荒廃を引き起こす忌まわしきの後の日数の形で与えられます。全体として、これは「ジェイコブのトラブル」の「最終週」です。タイミングは正確です。

 

    ポールは、拘束装置が現在彼の日に働いていると言います。  2テサロニケ2:7

  「無法の秘密の力はすでに働いているからです。しかし、今それを抑えている人は、邪魔にならない限りそうし続けます。」

 

    パウロの時代に地球上で彼を拘束しているのに、2000年後に邪魔にならない人は誰でしょうか。致命的なことはありませんが、おそらく私たちの中に住んでいる聖霊ですか?ですから、コロサイ1:27のような節から、彼が私たちの中に住んでいることがわかります。私にとって、これは黙示録12:4、5を説明しています 

    「彼のしっぽは天の星の3分の1を掃き、それらを地球に投げました。そして、ドラゴンは出産しようとしている女性の前に立っていたので、彼女が子供を産んだとき、彼はそれをむさぼり食うことができました。彼女は出産しました男性の子供、鉄の棒ですべての国を支配することになっているが、彼女の子供は神と彼の王位に追いついた。」

    この節の配置に注意してください。なんでここにあるの? 啓示は正確に時系列ではありません。短時間で多くをまとめる部分があります。一度に1つのセクションでさまざまなセクションを通過します。アザラシやトランペットのように同時にではなく、特定の順序で並んでいるものもありますが、時系列ではなく、部分的に書かれています。私はそれがどれほど混乱しているように聞こえるかを理解していますが、次のセクションでそれを説明するいくつかの便利なチャートがあります。要するに、何年にもわたる主要な出来事を要約した声明が出されており、起こったすべてのことをリストしているのではありません。  


    その「鉄の棒」のコメントは、これを私たちの中に住んでいるイエスに固定しています。これが邪魔にならない拘束具です。なぜこの節はそれが書かれているのですか? 2017年9月23日に起こった兆候の直後、その特定の章で、赤いドラゴンの天国での次の兆候の後。私たちは、イエスがいつでも戻ってくるかのように生きることを意図しています。それが私たちの生き方だからです。しかし、科学的に言えば、今とその間に「時間」がなければなりません。)そして、鉄の棒ですべての国を支配する者が追いつく前に起こらなければならない兆候があることは誰もが知っています。私たちは彼らを監視するように言われています。女性のサインが最初で、赤いドラゴンが2番目で、子供が追いつきます。 1テサロニケ4:17で使用されたのとまったく同じ言葉ラプトゥーロ。

    これらはすべて氷山の一角に過ぎないので、これ以上苦労することなく、次の場所に移動する必要があります。 シャロンという素晴らしい女性によって作成された、患難前携挙説の250の理由からなる最も包括的なリスト。私はこれ以上の聖書の参照、または聖書の相互合意の継続性のために示されている他のすべての聖書の教義の包括的な解釈学を見たことがありません。

1つの取り組みにこれまで以上に驚くべき情報が詰め込まれているとしたら、私はそれを見たことがありません。

    患難前携挙説が健全な教義である理由をすでに理解しているかどうかにかかわらず、これは間違いなく読む価値があります。これには、多くの聖書の教義に関する知恵と明快さが詰まっています。

    他に言及する価値のあることは、「患難後携挙説」の携挙者が私に近づくたびに、それは通常、傲慢で、傲慢で、卑劣で、愛情のない、傲慢に行われるということです。これは正直なところ、彼らの聖書の理解を前もって大声で宣言しています。明らかに、彼らが読んだものが何であれ、彼らは携挙を理解していないだけでなく、クリスチャンとして自分自身をどのように行動するかについてのより重要なメッセージさえも得ていません。彼らはまた、救いを失う可能性があると信じていますが、それでも永遠の命には悔い改めが必要であると信じています。また、救いには水のバプテスマも必要であると信じています。聖書を正しく分ける方法を知ることは、新しい契約の前後の救いを理解するための鍵でもあります。救いを理解することは明らかにはるかに重要であり、それは救いのセクションで説明されています。

   悲しいことに、私たちは最近、ほとんどの人が聖書をどのように読んでいるかを知っています。私が聖書を当然のことと思ったときに、どのように聖書を読み返したかを知っています。通常、一度に1つの章、そして私が注意を払っているなら、彼らが教会で言うことは何でも。それがあなたがいるところなら、聖書アプリをダウンロードして、プレイを押してください。それはあなたが望むどんな言語でもあなたにそれを読みます、そしてあなたがしなければならないのは聞くこと、運転すること、歩くこと、またはあなたに注意を向けさせるものは何でもです。私はこれを十分に強調することはできません、あなたが1週間以内にジュードを通してジョンに耳を傾けるならば、あなたはそれがあなたのために何をするか驚くでしょう。これは1日約35分しかかからず、それを読めばはるかに速く行うことができます。

 

    「たとえ話の目的」が書かれていることの反対側にいてはいけません。  

    「それゆえ、私はたとえ話で彼らに話しかけます。なぜなら、彼らが見ないのを見たり、聞いたりすることは、彼らが聞いたり、理解したりしないからです。そしてそれらの中でイザヤの予言は成就します。」

   私が知っていることは、100人が同じテストを受けることができ、彼らのテスト結果のそれぞれが彼らの研究を反映するということです。ですから、テモテ第二2:15が言うように、「真理の言葉を正しく分けて、恥じる必要のない職人である神に自分が承認されたことを示すための研究」。

イエスが艱難の前に戻って来る11の理由

聖書からの理由と場所について読むことは非常に価値があります

http://christinprophecy.org/articles/why-i-believe-in-a-pre-tribulation-rapture/

携挙に関する上位7節について

http://www.patheos.com/blogs/christiancrier/2015/01/29/top-7-bible-verses-about-rapture-or-the-rapture/

    あなたがユダヤ人で、この歓喜についての説明が必要な場合、ハル・リンゼイによるこのビデオは、ユダヤ人が2つのメシアがあると考える理由を説明するだけでなく、なぜ歓喜が起こるのか、そしてなぜ彼らが逃すのかについても説明しますそれ。ハル・リンゼイは聖書の権力者である男性の一人であり、チャック・ミスラーや他の多くの著名な聖書教師の家庭教師でした。ハル・リンゼイと同じくらい聖書を知り、理解するために長い時間を費やして生きてきた男性はほとんどいません。彼の神学と聖書全体の最も深いレベルでの理解は、彼が与えられた箇所について知っている驚くべき量の詳細を聞くと非常に明白です。

    これらの次のビデオはすべて、ポールに与えられたこの「謎」にとって「最終週前」の歓喜が理にかなっている理由の観点を説明する素晴らしい仕事をしています。ロバート・ブレーカーのビデオは、ダービー氏よりずっと前に携挙を信じていたポールを含むすべての人々をあなたにさえ見せます。 何よりも、それについて祈り、読んで、自分で聖書を研究してください。人々が患難前携挙説を信じない一番の理由は、彼らが座って聖書を自分で読んだことがないからだと思われます。

12分間のラプチャーランダウン 12:37

「トミー・アイス:携挙に反論する」 28:30

「患難前携挙説を信頼する7つの理由。」 44:56

「チャック・ミスラーは患難前携挙説を証明する1:43:27

「ケン・ジョンソン:死海文書の携挙」 28:30

「なぜ患難前携挙説なのか?」 1:00:19

「ハル・リンゼイ-携挙」 1:29:38

ゲイリー・ステアマン:「最後のトランプ」 28:30

これは、人が教えることができる最も重要な説教の1つです。それは教会で頻繁に議論されることはありませんが、これまでに説教されたほとんどすべての説教で言及されるべきです。聖書を正しく分割する方法。繰り返しになりますが、ロバート・ブレイカーは、この重要な聖書の一節についての素晴らしいビデオと、みことばを適用するための鍵を持っています。

「マシュー24は正しく分割することを説明しました

患難前携挙説の証明」 1:13:02

       It is true to say, that when Jesus answered the question about the end times. He answered it for the Jewish nation. However, Is the rapture in the Olivet Discourse? Although some differ on this, I believe it is, and Mondo Gonzales from Prophecy Watchers, explains why very well.

Is the Rapture in the Olivet Discourse? | Mondo Gonzales 1:02:33

ダービーの前の歓喜についての言及はありませんか?

明らかに、それを言った人は誰でも見ていません。

エフレムシリアのエフレム306-373AD

https://prophecywatchers.com/ten-clear-pre-trib-rapture-references-from-ephraim-the-syrian-by-lee-brainard/

 

アッシャー司教(1500年頃)。エイレナイオス司教(170)。ヒッポリュトス(210-220)。キプロス(250)ローマのクレメンス(35-101)、アンティオキアのイグナチオ(110で死去)、ディダケー(1世紀後半の匿名のキリスト教論文)、疑似バルナバスの書簡(70-130年頃)、および羊飼いヘルマスの牧者(2世紀)およびその他多くの人々は、キリストの差し迫った帰還について言及しています。

携挙:ダービー前携挙|真実と知らせ(truthandtidings.com)

なぜ「背教」もおそらく 参照 ただ信仰から離れるだけでなく、ラプチャーへ。

2テサロニケ2:3の携挙(liberty.edu)

What is meant by the apostasy in 2 Thessalonians 2:3?

Apostasy or Rapture in 2 Thessalonians 2:3? | Lee Brainard 1:17:17

 This video gets into what exactly was meant but the apostasy has been a topic of contention of many years, but thanks to people like Lee Brainard, who can read and write Greek, and even Hebrew, a lot of clarity can actually be obtained and checked on this matter to put it to rest. His website and book on this matter can be found here, https://soothkeep.info/apostasia-in-2-thessalonians-23-rapture-or-apostasy/ God has designed the Bible in such a way that things will continue to be revealed at certain times. The Nature of the Bible causes us to study it, "To those who have, more will be given." If we have come to faith, knowledge will be given to us as we dig deeper, for those who will not believe they wont go any further, and so they won't ever learn all that God has for us. 

Matthew 13:11-17

“Because the knowledge of the secrets of the kingdom of heaven has been given to you, but not to them. Whoever has will be given more, and they will have an abundance. Whoever does not have, even what they have will be taken from them.  This is why I speak to them in parables:

 

“Though seeing, they do not see;
   though hearing, they do not hear or understand.

 In them is fulfilled the prophecy of Isaiah:

“‘You will be ever hearing but never understanding;
   you will be ever seeing but never perceiving.
For this people’s heart has become calloused;
   they hardly hear with their ears,
   and they have closed their eyes.
Otherwise they might see with their eyes,
   hear with their ears,
   understand with their hearts
and turn, and I would heal them.

But blessed are your eyes because they see, and your ears because they hear. For truly I tell you, many prophets and righteous people longed to see what you see but did not see it, and to hear what you hear but did not hear it.

言われています、

旧約聖書は隠された新約聖書です、

そして新約聖書は明らかにされた旧約聖書です。

     もしあなたが腰を落ち着けて、小説のように聖書を読むだけで、できるだけ早くその声明がどれほど真実であるかを知るでしょう。ほとんどの人は一度にせいぜい1つの章を読みます。彼らは一年以内に本を完成させることはありません。 「ロード・オブ・ザ・リング」のような小説を、何年にもわたって一度に1章ずつ読み込もうとしているところを想像してみてください。  あなたは間違いなく合同を失うでしょう。しかし、それをかなり一定のペースで読むと、実際に明らかにされたものと、新約聖書で起こっている旧約聖書からのすべての予言的なつながりを見ることができます。  

     聖書を読むことは多くの質問を提起し、あなたが神をよりよく知るようになるあなたの個人的な旅をもたらします。それらの質問の1つはこれです。

「私たちはまだ旧約聖書の規則に従うことになっていますか?」期間を重要なイベントで「正しく分割」することは非常に重要です。イエスの死が水のバプテスマを変えるように、聖霊のバプテスマを受けることへ(使徒言行録を読んでください)。旧約聖書から私たちがまだ従うことになっていることもあれば、そうでないこともあります。この次のリンクは、その質問に非常によく答えます。

チェリーピッキング聖書、まだ何が当てはまりますか?

http://crossexamined.org/cherry-picking-the-bible-are-christians-expected-to-follow-the-levitical-laws/

Why I Do Not Expect Graves To Open At The Rapture

Will Graves Open At The Rapture Or Not? 32:51

1 Thessalonians 4:14-17 is the portion of scripture being discussed. Exegetically determining what exactly is meant by these verses, does not need to be overly technical. Especially with consideration to what verse 14 plainly says in the King James version, which is most accurate here as confirmed by the Greek interlinear. "them also which sleep in Jesus will God bring with him.Continuing on in verse 16, the punctuation and grammar does come into play, and will be underlined to show you which portion of verse 16 is being looked at.  For the sake of comparison, the NIV, BSB, KJV, and also the heavily modified NLT, will be compared in order to show the misleading inaccuracy of certain versions.

 

NIV

14For we believe that Jesus died and rose again, and so we believe that God will bring with Jesus those who have fallen asleep in him. 15According to the Lord’s word, we tell you that we who are still alive, who are left until the coming of the Lord, will certainly not precede those who have fallen asleep. 16For the Lord himself will come down from heaven, with a loud command, with the voice of the archangel and with the trumpet call of God, and the dead in Christ will rise first. 17After that, we who are still alive and are left will be caught up together with them in the clouds to meet the Lord in the air. And so we will be with the Lord forever.

 

BSB

14For since we believe that Jesus died and rose again, we also believe that God will bring with Jesus those who have fallen asleep in Him. 15By the word of the Lord, we declare to you that we who are alive and remain until the coming of the Lord will by no means precede those who have fallen asleep. 16For the Lord Himself will descend from heaven with a loud command, with the voice of an archangel, and with the trumpet of God, and the dead in Christ will be the first to rise. 17After that, we who are alive and remain will be caught up together with them in the clouds to meet the Lord in the air. And so we will always be with the Lord.

 

KJV

14For if we believe that Jesus died and rose again, even so them also which sleep in Jesus will God bring with him. 15For this we say unto you by the word of the Lord, that we which are alive and remain unto the coming of the Lord shall not prevent them which are asleep. 16For the Lord himself shall descend from heaven with a shout, with the voice of the archangel, and with the trump of God: and the dead in Christ shall rise first: 17Then we which are alive and remain shall be caught up together with them in the clouds, to meet the Lord in the air: and so shall we ever be with the Lord.

 

NLT

14For since we believe that Jesus died and was raised to life again, we also believe that when Jesus returns, God will bring back with him the believers who have died.15We tell you this directly from the Lord: We who are still living when the Lord returns will not meet him ahead of those who have died. 16For the Lord himself will come down from heaven with a commanding shout, with the voice of the archangel, and with the trumpet call of God. First, the believers who have died will rise from their graves. 17Then, together with them, we who are still alive and remain on the earth will be caught up in the clouds to meet the Lord in the air. Then we will be with the Lord forever.

 

This is the break down of the 2 perspectives:

 

Viewpoint 1

 

What appears to be the most commonly accepted paradigm for 1 Thessalonians 4:14-17 (whether people have realized this is what they are saying, or not) is that the rapture has 2 stages in the same event. They believe that at the rapture, “The dead in Christ rise first,” and then we who are alive and remain at the time of the rapture, get raptured... Then they are saying, that God needs the decayed material of dead bodies, in order to give us new ones, and that he will recover them in the first stage of the rapture, just prior to catching those of us who remain up to be with them and the lord in the air. Therefore, graves will "be opened” and atomized, scattered, physically dissolved human remains at an atomic level, will be collected from the earth and used for the new heavenly bodies. If that is the case, I would argue that it would have no meaningful purpose for this to be witnessed by the believers who are being raptured, to the rapture happen in stages beginning with the decayed human remains of previous believers. I believe the rapture will just happen, and those who are alive and remain will be changed in the twinkling of an eye, just as it says.

 

When Christ rose after his crucifixion, he did raise many others with him and graves did open, but this was for the faith of all those who witnessed it on earth. How many times, does scripture say, “This happened for you.” Even the demons who asked to go into the pigs understood this is how Christ operates. This is the very reason Christ did indeed send them into the pigs, which the demons went and drowned straight away, anyway. The demons knew this served to credit the truth of Christ, and used it as a bargaining chip so they were not sent to their torment yet, but rather to the bodies of the pigs. It was so that we would see. It was for our faith in order to show us that he is who he says he is. 

After the crucifixion, Christ did only just rise himself for the first and only time, and this put an end to the old covenant, and established "a new one, a better one.” This put an end to Hades, and Abraham’s bosom. So, Christ’s resurrection was a bit different as compared to the rapture. All that being said, I see this as viewpoint 1, being that the rapture is 2 stages. The underlined portion from verse 16 is the so-called stage 1, being a noticeable event to unbelievers who see graves open, and "the dead" are decayed matter being pulled out of the ground, and the reason for the first stage is entirely as a visual thing for the eyes of those who are left behind, as a testimony to the event of the rapture.

 

Now, I do not see that as the most logical explanation for many reasons, I will now try to list. A few things to first quickly mention is that 1 Thess 4 does not say that graves will open and the dead come out of them, unless you are using the NLT, but that is not in the greek. It was added by translators. Another thought, that makes me think the rapture will not be seen by unbelievers is because of 2 Thess 2:11,12 “For this reason God sends them a powerful delusion so that they will believe the lie and so that all will be condemned who have not believed the truth but have delighted in wickedness.”  If the rapture is has a visual stage 1 of “The dead” coming out of graves, then it would be contradictory to 2 Thessalonians 2:11,12.  Granted, I understand this is not a hard line, never to be unbroken. This is merely stating that God will send them powerful delusion, and it is indeed for that purpose. If it was a hard line, there would be no tribulation saints at all, but we know there will be a vast number of them. 

 

 

 

Viewpoint 2

 

1.) There are indeed 2 groups in sequential order. Group 1, “The dead in Christ” covers past, present, and future from the time of Paul’s writing, to whenever the rapture happens. Group 1 are all of "the dead" in Christ, who all rise first, at the time of their individual deaths, prior to the rapture event of group 2. (Group 2 are all of those who are alive and remain at the time of the rapture event.) To say it another way, If they’re “raptured," period, they are group 2.

2.) Those who have already died, will indeed resurrect “LIKE Christ” (Not identically verbatim, walking around for a while chatting with people and showing them their wounds that caused their death), and they will probably get their resurrected bodies right after death in heaven, but not walk around on Earth prior to their spiritual ascension to be with the Lord. Their dead earthly bodies do not go with them.

 

3.) Those who are alive and remain (Group 2) at the time of the rapture will meet Jesus in the air, as well as meeting group 1, who are “the Dead”, of whom are already with Jesus, having come with Jesus to meet us at the time of the rapture, having already died, and been with Jesus since their own deaths.

 

 

I believe Paul was speaking to the very worried church in Thessaloniki about their dead friends, with the apparent need to clarify the order of resurrection regarding those who have already died and those who will be raptured. He is making it known that those who will be raptured, will not precede those who are dead. Their friends will not slip through the cracks between the resurrection and the rapture. As a Greek student may point out, the Greek sentence structure to me of a “Hoti” clause committing the sentence to an "if, than” structure. I totally agree with this, but I believe that there is an interjecting stand alone sentence in the middle of this Hoti clause, and I also believe that the punctuation supports that stance. If you go look at the underlined parts of verse 16 in the 3 decent versions I shared with you, there are not only commas, periods, and for whatever reason the translators of the KJV decided colons were warranted, creating this aside, in the middle of the Hoti clause. Now, not only is that there, but I believe the rest of scripture supports this viewpoint, leaving no uncertainty that there is absolutely no need for our human remains.

 

Romans 6:6,7

Says the body is done away with, and directly linked with sin itself: “the body ruled by sin might be done away with, that we should no longer be slaves to sin—” “because anyone who has died has been set free from sin.

 

1 Corinthians 15:15-18

This portion pins down the complex verb tenses by linking past tenses to “progressive" verb tenses. It also further confirms the inability for those who have died to have any benefit with the dead sinful body, or have any future ability either: 1 Corinthians 15:15-18 says “More than that, we are then found to be false witnesses about God, for we have testified about God that he raised Christ from the dead. But he did not raise him if in fact the dead are not raised. For if the dead are not raised, then Christ has not been raised either.” “And if Christ has not been raised, your faith is futile; you are still in your sins. Then those also who have fallen asleep in Christ are lost.”

 

2 Corinthians 4:14

Here is another example of past present future all at play together. (I was not raised with Jesus. that has already happened, and I am sure I would have remembered that.)

“because we know that the one who raised the Lord Jesus from the dead will also raise us with Jesus and present us with you to himself.” 2 Corinthians 4:14 NIV

 

2 Corinthians 5:6-8

The Body is not needed to be at home with the Lord, and this confirms again, that once we die, we are indeed with Jesus. “Therefore we are always confident and know that as long as we are at home in the body we are away from the Lord. For we live by faith, not by sight. We are confident, I say, and would prefer to be away from the body and at home with the Lord.”  2 Corinthians 5:6-8

 

 

Most convincing of all, are the next following verses which state in several ways that our current body can’t go to heaven, it is directly coupled with sin, it is made of a completely different variety of type, material, as well as use compared to the spiritual bodies of heaven. It even calls us foolish to think that our physical body has anything to do with the next realm, rather it makes the distinction that there are 2 different bodies altogether. If there is the physical body, and after that is the spiritual body, and affirms it again by saying the physical must die. We are just a seed and the next body is not the body that is planted here on earth:

 

1 Corinthians 15:35-50

“But someone will ask, “How are the dead raised? With what kind of body will they come?” How foolish! What you sow does not come to life unless it dies. When you sow, you do not plant the body that will be, but just a seed, perhaps of wheat or of something else. But God gives it a body as he has determined, and to each kind of seed he gives its own body. Not all flesh is the same: People have one kind of flesh, animals have another, birds another and fish another. There are also heavenly bodies and there are earthly bodies; but the splendor of the heavenly bodies is one kind, and the splendor of the earthly bodies is another. The sun has one kind of splendor, the moon another and the stars another; and star differs from star in splendor. So will it be with the resurrection of the dead. The body that is sown is perishable, it is raised imperishable; it is sown in dishonor, it is raised in glory; it is sown in weakness, it is raised in power; it is sown a natural body, it is raised a spiritual body. If there is a natural body, there is also a spiritual body. So it is written: “The first man Adam became a living being”; the last Adam, a life-giving spirit. The spiritual did not come first, but the natural, and after that the spiritual. The first man was of the dust of the earth; the second man is of heaven. As was the earthly man, so are those who are of the earth; and as is the heavenly man, so also are those who are of heaven. And just as we have borne the image of the earthly man, so shall we bear the image of the heavenly man. I declare to you, brothers and sisters, that flesh and blood cannot inherit the kingdom of God, nor does the perishable inherit the imperishable.”

1 Corinthians 15:35-50

 

In light of these explanations about the physical Body “being ruled by sin and done away with”, “Being of the dust of the Earth, and not of heaven” Knowing that when we are dead, we are present with the Lord, there is a spiritual Body, and a physical body, Flesh and bone cannot inherit the kingdom, we are merely a seed and not the plant, the seed must die before our spiritual body can be with the lord, I believe it logically makes sense to conclude that our earthy bodies/seeds die, and not only have no use for the heavenly body, but they cannot have use because they are sinful. 

 

We do have all of this explanation about the difference between the natural body and the spiritual body, but in addition to that, if 1 Thess 4:16 was speaking of the dead physical bodies, it would make the verses I just covered, untrue, they would actually be wrong unless stage 1 of the rapture is being used as a physical sign to the world in the same way it was used when Christ rose and "the graves of many others were opened”. I do not believe that makes logical sense for all the reasons listed, and again, because it directly opposes 2 Thessalonians 2:11,12 which states: “For this reason God sends them a powerful delusion so that they will believe the lie and so that all will be condemned who have not believed the truth but have delighted in wickedness.” 

 

Prior to consideration of all those other verses that explain our earthly body's fates, I believe the isolated exegesis, not forgetting to include the context of the book, the chapter, and especially verse 14 where it says point blank "them also which sleep in Jesus will God bring with him.”, and the deliberately stand alone interjection of verse 16, amongst the sentence that was already at hand for which this “Hoti, or if/than clause" applies. There would be no need to include those periods, or even colons in the KJV as a stand alone sentence, if it was one event. Rather it is actually an interjected sentence already in progress, “: and the dead in Christ shall rise first:”  Then group 2. Therefore 1 Thessalonians 4:16 allows for “The dead” to be a corporate statement applicable to all of those who have already died. I believe it not only is, but it must be according to what we know of the Bible’s explanations regarding bodies. 

 

Lastly as an explanation for 1 Corinthians 15:23 should be addressed. "But each in turn: Christ, the firstfruits; then, when he comes, those who belong to him.” 

Because we are raised with Christ, we are still the first fruits, each according to their group he has called home. That verse only lists 3 categories total, but this is not a rigid 3 categories. These 3 categories, cover everyone “Each in turn", from 1.) Enoch,  2.) Elijah,  3.) Those who died and went to Abraham’s Bosom. 4.) Christ himself  5.) The first fruits who rose with Christ that day Christ rose and appeared to many. 6.) Those who died and are with the Lord. 7.) Those who will be raptured.  8.) Those who came to faith and died in the first half of the tribulation. 9.) Those who came to faith and refused the mark, and refused to worship the beast. 10.) The two witnesses. 11.) Those who somehow made it to the end of the tribulation without dying if that is even possible. 12.) and anyone else I forgot, but Christ didn’t!That is not 3 hard groups is the main point. 

Summary and Conclusion

 

Viewpoint 1: A visual to the unbelievers of dead bodies being raised and open ground, and a 2 stage rapture scenario.

Viewpoint 2: It will not be a visual grave-breaking experience for unbelievers. Those, left standing at the time of the rapture will simply be changed in the twinkling of an eye, and meet up the lord in the air to be caught TO BE together with the dead in christ and the Lord forever.

 

 

I do think it is relatively important to get this addressed, prior to the rapture BECAUSE! Let's say all the Christians of today are going around saying that the graves are going to open up like the NLT says will happen, and that doesn’t actually happen. Well, that will certainly serve the powerful delusion, wont it? It will be a massively discouraging thing for the tribulation saints to overcome, when they are standing in line to either get their heads removed, or take the mark of the beast and survive. For that reason alone, I do believe viewpoint number 2 is probably pretty important to get out.

イスラエルは国家を宣言しました、

そして最後の世代

Israel Declared a nation

それは千九百四十八年五月十四日でした。

 

マタイ二十四:三十二-三十五のために私たちはこれに注意を払います

「イチジクの木からこのレッスンを学びましょう。小枝が柔らかくなり、葉が出るとすぐに、夏が近づいていることがわかります。それでも、これらすべてを見ると、ドアのすぐ近くにあることがわかります。確かに、この世代は、これらすべてのことが起こるまで、確かに亡くなることはありません。天と地は滅びますが、私の言葉は決して滅びません。

一日で生まれた国

「誰がそのようなことを聞いたのか、誰がそのようなことを見たのか。地球は一日で生まれるのか、それとも国がすぐに生まれるのか。シオンが苦しむとすぐに、彼女は子供たちを連れてきた。」イザヤ66:8

「私はイスラエルのクリップ-予言が成就している」 4:33

イスラエルにはかなり激動の過去があります。その長い歴史の中で、エルサレムは52回の攻撃、44回の捕獲と再捕獲、23回の包囲、2回の破壊を行ってきました。その後、ホロコーストの間、彼らは体系的に捜索され、ナチスが率いる大量虐殺で殺されました。一部の人が気付いていないかもしれないのは、イスラエルの再集結と改革、さらには一日に生まれる国の詳細に至るまで、多くの予言があるということです。

 

エゼキエル書の主に36章で、神は19節に見られるように、ユダヤ人を多くの国に散らばらせたと言われています。「私は彼らを異教徒の間に散らしました。私は彼らを判断しました。」彼はまた、8-11節に見られるように、彼らを集めて土地を再び繁栄させ、実を結ぶと言っています。

8しかし、あなたがたはイスラエルの山々よ、あなたがたの枝を撃ち、わたしのイスラエルの民にあなたの実を与えるであろう。彼らはすぐに来るからです。 9見よ、わたしはあなたがたのためであり、わたしはあなたがたに立ち返り、あなたがたは耕され、まかれます。10わたしはあなたがたの上に、イスラエルのすべての家、さらにはそのすべての人を増します。 11わたしはあなたがたに人と獣を増やそう。そして彼らは増えて実を結ぶであろう。わたしはあなたがたの古い地所の後に定住し、あなたがたの初めよりもあなたがたによくするであろう。あなたがたはわたしが主であることを知るであろう。

 

1948年以前のイスラエルの不毛と、千九百四十八年5月14日に国になってからの様子を示す素晴らしい写真がたくさんあります。もっと見たい場合は検索に行くことができますが、確かなことが1つあります。 、それは間違いなくその枝を出しました、そしてそれは実際にそれらの詩を文字通り満たす世界のトップの果物生産者の1つとしてランク付けされています。

Isreal Then and now.jpg
israel fruit 1.jpg
tb-fruit.jpg

イチジクの木のたとえ話に戻ります...聖書をあまり読まない人はその意味を理解しないので、私はそれを強調してきました。聖書はイスラエルを何度も「イチジクの木」と呼んでいます。これはそのたとえ話が言っていたものです。それが言っているように、それはまさにそのたとえ話です。結局のところ、イエスはなぜ弟子たちと話しているのでしょうか。 、木の終わりの時?

聖書全体を読むことによって得られるメッセージはもっとたくさんあります。少しずつ読むだけで、あまり頻繁に読まないと、このようなことを見逃します。ほとんどの人は「イチジクの木」を読んで、イチジクの木と思います…イスラエルではありません。

 

イチジクの木としてのイスラエル

 

エレミヤ8:13

主は言われる、わたしはきっとそれらを食べます。ぶどうの木にもいちじくの木にもぶどうはなく、葉は色あせます。そして、私が彼らに与えたものは彼らから消え去るでしょう。

エレミヤ29:17

このように、万軍の主は言われる。見よ、わたしは彼らにつるぎ、飢饉、疫病を送り、彼らを食べられない卑劣なイチジクのようにし、彼らはとても邪悪である。

ホセア9:10

私はイスラエルが荒野でブドウのようであることに気づきました。私はあなたの父親を彼女の最初のイチジクの木で最初に熟したものとして見ました:しかし彼らはバールペオールに行き、その恥に身を任せました。そして彼らの憎悪は彼らが愛した通りだった。

ジョエル1:7

彼は私のぶどうの木を捨て、私のイチジクの木を吠えました。彼はそれをむき出しにしてきれいにし、捨てました。その枝は白くなります。

裁判官9:10-13

そして木々はいちじくの木に言った、「あなたが来て、私たちを治めなさい」。しかし、いちじくの木は彼らに言った、「私は私の甘さと私の良い実を捨てて、木々の上に昇進するべきですか?それから木々がぶどうの木に言った、「あなたが来て、私たちを治めなさい」。ぶどうの木は彼らに言った、「神と人を元気づけるぶどう酒を残して、木の上で昇進するべきですか」。

 

当然のことながら、人々は世代の年数について非常に興味を持っています。イエスは、「その世代はきっと死ぬことはないでしょう」と言われました。つまり、他のすべての兆候、より具体的には、イスラエルが再び国になるのを見た世代(小枝が柔らかくなり、葉が出てきたとき)は、「終わりの時」を見るでしょう。それは大したことです!では、世代はどのくらいですか?!この声明は、イエスご自身からだけでなく、その預言の100%が正しいとされている本からのものです。これは人の注意を引く傾向があります。

 

世代の何年

では、1世代で何年ですか?

 

聖書の世代の期間中に与えられた複数の可能な長さがあります。その事実は、人々が長い間推測し続けてきました。また、独自の計算に騙されて諦めている人もいますが、先ほど申し上げたように、時間になるまで時間はありません。星のしるしは今、啓示。十二のしるしと、さまざまな予言が通過する時期を告げています。

想定されるさまざまな世代は、四十、五十、七十、百、および百二十です。

聖書のどこでこれらの時間枠が神によって使われているのかを見ると、四十と五十は試練の期間と出来事のお祝いに使われています。 七十、百、および百二十は、世代と呼ばれるものです。

 

イスラエルが設定した唯一の日付から、私たちが見ているそれぞれの数字はすべて今終わりますが、七十年の世代にはキャッチがあり、それは私が信じているものです。

 

これらは、百二十から始まるこれらの世代の長さを見つけることができる聖書の場所です。

 

百二十年

 

神は人々に大洪水の前に悔い改めるように百二十年の警告を与えました、そして創世記はこれを言います:

創世記6:3

3主は言われた、「わたしの霊は人と共に永遠に努力することはない。彼は確かに肉であるからである。それでも彼の日は百二十年になるでしょう。」

 

 

百年

 

創世記15:13-16。

それで主は彼に言われた、「あなたの子孫は四百年の間、自分たちの国ではない国で見知らぬ人であり、そこで奴隷にされ虐待されることを確かに知っておられる。 14しかし、わたしは彼らが奴隷として仕える国を罰し、その後彼らは大きな財産を持って出て来るでしょう。 15しかし、あなたは安心して先祖のところに行き、古き良き時代に葬られます。 16第四世代では、あなたの子孫がここに戻ってきます。アモリ人の罪はまだ完全なものに達していないからです。」

 

七十年

 

イザヤ23:15

その時、タイヤは王の生涯である七十年間忘れられます。しかし、これらの七十年の終わりに、それは売春婦の歌のようにタイヤに起こります:

詩篇九十:十

(モーセによって書かれた唯一の詩篇)

私たちの力が持続するならば、私たちの日は七十年、または八十年になるかもしれません。それでも、彼らの最高は、トラブルと悲しみだけです。彼らはすぐに通り過ぎて、私たちは飛び去ります。

 

エレミヤ25:11

この国全体が荒れ果てた荒れ地になり、これらの国々は七十年間バビロンの王に仕えます。

 

ダニエル9:1-2

クセルクセスの息子ダリウス(子孫によるメデ)の最初の年に、バビロニア王国の支配者になりました—彼の治世の最初の年に、私、ダニエルは、与えられた主の言葉によると、聖書から理解しました預言者エレミヤに、エルサレムの荒廃は70年続くと。

 

五十年

49年目は祝われ、五十年で終わります。それはヨベルの年です。それは7、7年の期間です。

レビ記で説明されているように、これは聖書的に非常に重要です。

レビ記25:8-17

'そして、あなたはあなた自身のために7年の安息日を数えなければなりません。そして七年の安息日はあなたがたにとって四十九年である。 9それからあなたは、七月の十日に、ヨベルの年のラッパを鳴らさなければならない。贖罪の日に、あなたはトランペットをあなたの全土に響かせなければならない。 10そして、あなたは五十年目を奉献し、すべての土地のすべての住民に自由を宣言しなければならない。それはあなたにとってジュビリーになるでしょう。そして、あなた方一人一人は彼の所有に戻り、あなた方一人一人は彼の家族に戻るでしょう。 11その五十年はあなたにとってヨベルの年となる。その中で、あなたは自分の思い通りに成長するものを蒔いたり刈り取ったりしてはならず、またあなたの手付かずのブドウのブドウを集めてはなりません。 12それはジュビリーです。それはあなたにとって聖なるものとなるでしょう。あなたはその農産物を畑から食べなければならない。 13 '今年のヨベルの年では、あなた方一人一人が彼の所有に戻るでしょう。 14あなたが隣人に何かを売ったり、隣人の手から買ったりするなら、あなたは互いに抑圧してはならない。 15ジュビリーからの年数に応じて、あなたは隣人から買い、作物の年数に応じて、彼はあなたに売る。 16何年にもわたってその価格を上げ、より少ない年数に応じてその価格を下げなければならない。彼は作物の年数に応じてあなたに売ります。 17それゆえ、あなたは互いに抑圧してはならないが、あなたの神を恐れるであろう。私はあなたの神、主だからです。

番号36:4

「イスラエルの子らのヨベルの年が来ると、彼らの相続は彼らが属する部族の相続に加えられるので、彼らの相続は私たちの先祖の部族の相続から撤回されるでしょう。」

 

 

四十年

創世記7章12節

そして、雨は地球に四十日四十夜降りました。

 

出エジプト記24:18

それからモーセは山を登りながら雲の中に入りました。そして彼は四十日四十夜山にとどまった。

 

申命記8:2-5

あなたの神、主がこの40年間、荒野であなたを導き、あなたが彼の命令を守るかどうかにかかわらず、あなたの心に何があったかを知るために、謙遜になってあなたを試してみたのを覚えておいてください。 3彼はあなたをへりくだり、あなたを飢えさせ、あなたもあなたの先祖も知らなかったマナをあなたに与えて、人はパンだけで生きるのではなく、主の口から出るすべての言葉で生きることをあなたに教えた。 4この40年間、あなたの衣服はすり減らず、足は腫れませんでした。 5あなたの心の中で、人がその子を懲らしめるので、あなたの神、主があなたを懲らしめることを知ってください。

 

申命記9:18と25

18それからまた、わたしは四十日四十夜、主の前にひれ伏した。あなたが犯したすべての罪のために、私はパンを食べず、水も飲みませんでした。主の目に悪とされることを行い、主の怒りを引き起こしました。

 

25主があなたを滅ぼすと言われたので、わたしはその四十日四十夜、主の前にひれ伏した。

 

民数記13章25節

四十日の終わりに、彼らは土地の探索から戻ってきました。

 

士師記3章11節

それで、ケナズの息子オトニエルが死ぬまで、土地は40年間平和でした。

 

士師記13:1

1再びイスラエル人は主の目に悪を行ったので、主は彼らをペリシテびとの手に40年間渡された。

 

1サムエル17:16

16ペリシテ人は四十日間、毎朝夕方前に出て、立ち上がった。

 

列王第一19:8

8それで彼は起きて、食べて、飲んだ。その食物によって強められ